日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 調味

    川澄正美社長

    コーミ、売上げ7%増を計画 「こいくちソース」大幅リニューアル(2017.08.02)

     【中部】コーミの70期(17年3月期)決算は微増収増益で着地。ただ、売上げ目標に届かなかったこと、売上げが69期とほぼ同じだったことで、今期(18年3月期)は「成長を具現化し、数値に結びつける」(川澄正美社長)と強い決意で臨み、主力…

  • 小売

    岡田元也社長

    イオン、グループを“変身” 将来計画の策定に注力(2017.08.02)

     イオンは、グループ全体とグループ各社の3~5年後または10年後の“意味のある水準”というあるべき姿を描き、そこから逆算して現在の計画を立てるいわゆる“バックキャスト”の手法に基づく将来計画の策定に注力している。7月26日の首都圏記者…

  • その他

    コープ食材新工場

    日本政策金融公庫大阪支店、融資のコープ食材工場が本格稼働(2017.08.02)

     【関西】日本政策金融公庫(日本公庫)大阪支店農林水産事業が、設備資金7億500万円を融資したコープ食材(神戸市)の新工場が、このほど本格稼働を始めた。

     同工場は、あらかじめカットした国産の安全・安心と、食品添加物無添加…

  • 小売

    食品・酒類の売上構成比は、チェーン平均40%を上回る45%を占める=ハックドラッグ戸塚汲沢店

    ウエルシアHD、転換進む旧CFS店 食品で集客、H&BC売り込み(2017.08.02)

     ウエルシアホールディングス(HD)は、16年9月に吸収合併したCFSコーポレーションのドラッグストア(DgS)「ハック(HAC」の“ウエルシアモデル”転換を進めている。食品・酒類の強化で子育て世代の女性中心に客数が増え、それがH&B…

  • 小売

    セブン-イレブン・ジャパン、発注端末の機能強化(2017.08.02)

     セブン-イレブン・ジャパンは、7月から店舗の発注端末機「GOT(グラフィック・オーダー・ターミナル)」に新機能を導入した。GOT内蔵カメラで写した商品陳列画像の共有化や、従業員教育コンテンツ、店舗運営マニュアルをGOT画面で確認でき…

  • 小売

    ローソン、キット・オイシックス取り扱い開始(2017.08.02)

     ローソンは、オイシックスドット大地との資本業務提携第1弾として、25日からネット宅配サービス「ローソンフレッシュ」で時短食材セット「キット・オイシックス」の取り扱いを開始した。2~3人前のサラダ、スープ、ビビンバ、サバみぞれ煮、豚し…

  • 小売

    ローソン、農業用ドローン実証実験(2017.08.02)

     ローソンは、8月から新潟市と新潟クボタと連携してローソンファーム新潟の田んぼで、農業用ドローンを活用した薬剤散布の実証実験に取り組む。ドローンを使うことで、人力で1時間以上かかる薬剤散布作業が約10分で完了する。今後は他のローソンフ…

  • 水産加工

    Aコープ佐賀Aコープやまもと店の大陳、オリジナル什器、多層な陳列で写真映えも実現した

    永谷園「大陳写真コンテスト」 グランプリはAコープやまもと店に 参加店41%増(2017.08.02)

     永谷園は3~6月、「第21回大陳写真コンテスト」を行い、参加店を前年比41%増の6337店と大幅に伸ばした。企業コースを設け、新規開拓を果たした。「大陳祭の永谷園と認めてもらい、露出をさらに増やす」(飯塚弦二朗代表取締役社長)

  • 外食

    「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」日本代表選考会の日程発表(2017.08.02)

     ボキューズ・ドール・ジャパンは7月24日、19年3月フランス・リヨンで開催する「第16回ボキューズ・ドール国際料理コンクール」日本代表選考会の日程を発表した。東日本準決勝は8月4日(エコール辻東京)、西日本準決勝は8月22日(エコー…

  • 調味

    キビ粉を使用し、本格的な味わいを実現した「輝美カレールー」

    エムトゥエム、こだわりカレールウで成長 「輝美カレールー」好評(2017.08.02)

     戦前に人気だった洋食屋の流れを受け継ぐエムトゥエムのカレールウが人気を集めている。ここ数年2桁増と大きく売上げを伸ばし存在感を示している。同社の製品は「手作りの自然なおいしさ」が特徴で全国のアッパーなスーパーを中心に配荷を拡大。洋食…

  • 冷凍・チルド

    日東ベスト、17年秋冬新商品 アレルゲン配慮グラタン発売 機能性デザート3品も(2017.08.02)

     日東ベストは、今秋冬に向けた業務用調理冷食として、チャネル別各ブランドの新商品を順次投入する。主に中食向けの「Best」ブランドに新6品・ブラッシュアップ4品・リニューアル4品、外食向け「JG(ジョイグルメ)」で新9品、学校給食向け…

  • 乳肉・油脂

    左から外食・中食での揚げ物の需要喚起を図る「揚げヂカラコクプラス」「同おいしさ長持ちプラスオリーブオイル入り」

    J-オイルミルズ、外食・中食向け「揚げヂカラ」投入 揚げ物の需要喚起(2017.08.02)

     J-オイルミルズは外食・中食向けに“揚げるチカラ”を切り口とする付加価値戦略を図る。下旬から、業務用新製品として「揚げヂカラ コクプラス」(16kg缶)「同おいしさ長持ちプラス オリーブオイル入り」(4kg×3ピロー)を投入。いずれ…

  • 農産加工

    国分北海道、ママズハーベスト第2弾 道産原料使用2品発売(2017.08.02)

     国分グループのエリアカンパニー・国分北海道は、昨年から立ち上げた自社ブランドの「Mama's Harvest」から道産原料を使った「切り干し大根」「ゆであずき」(写真)の新商品2品を発売する。全国のSMや百貨店、生協向けに販売、「…

  • 酒類

    パッケージリニューアルした「つき」

    月桂冠、「つき」リニューアル 発売20周年、累計2億本販売(2017.08.02)

     【関西】月桂冠は、ソフトタイプの日本酒「つき」シリーズのパッケージをリニューアルし、下旬から全国で発売する。

     同商品は今年で20周年を迎え、販売本数は2Lパック換算で2億本(1997年8月~2017年3月までの累計本数…

  • 飲料

    広田正注北海道キリンビバレッジ副部長(左)と葛西英樹ススキノラフィラ総務部長

    北海道キリンビバレッジ、「タピネス」北海道初上陸 LINE活用の自販機(2017.08.02)

     【北海道】北海道キリンビバレッジは7月26日、札幌市内のススキノラフィラで自動販売機にビーコン端末(近距離無線通信型発信機)を接続し、コミュニケーションアプリ「LINE」とその関連機能を活用した独自の自動販売機サービス「Tappin…

  • 飲料

    日本豆乳協会、消費底上げへ高校生対象に施策(2017.08.02)

     日本豆乳協会は消費底上げに向け、高校生対象の施策を打つ。

     10月12日の「豆乳の日」または10月中に体育祭などのスポーツイベントを開催する全国の高校を対象に「スポーツ×豆乳キャンペーン」を実施する。豆乳を飲んで良質なタ…

  • 菓子

    レコールバンタン、鎧塚俊彦氏監修のパティシエ育成コース開講 来年4月(2017.08.02)

     「製菓・カフェ・調理の専門校」レコールバンタンは7月25日、人気パティシエ鎧塚俊彦氏が監修するパティシエ育成コース「グラン パティシエコース produced by Toshi Yoroizuka」を18年4月に開講すると発表した。…

  • その他

    日本食糧新聞社制定「第5回地域食品産業貢献賞」 功績たたえ6社受賞(2017.07.31)

     日本食糧新聞社の創刊70周年を記念して制定された地方で秀でた食品企業を顕彰する「地域食品産業貢献賞」の第5回の受賞企業は、アサムラサキ(広島県福山市)、エスアールジャパン(大阪府守口市)、小倉屋山本(大阪市)、青森県農村工業農業協同…

  • 卸・商社

    大手食品卸、デリカを成長の核に 顧客課題へ解決策拡大(2017.07.31)

     大手食品卸はデリカを将来的な中核事業と位置付け、取組み強化へスピードを上げている。中食市場は食の外部化の進行を追い風に、今後も継続的な成長が見込まれるためだ。一方、市場は外食などの侵攻による業態間競争のボーダレス化や人手不足といった…

  • その他

    オリエンタル酵母工業、インドでイースト製造販売 巨大製パン市場でシェア30%狙う(2017.07.31)

     日清製粉グループのオリエンタル酵母工業は、インドで製パン用イーストの製造販売を開始する。日本企業がこの分野でインドに進出するのは初めて。現地子会社のオリエンタルイーストインディア(OYI)がイースト工場をマハラーシュトラ州プネ市近郊…