日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • その他

    日本政策金融公庫さいたま支店、国太楼の経営力向上計画を支援(2017.12.25)

     日本政策金融公庫(日本公庫)さいたま支店は20日、「新事業活動促進資金」を埼玉県所沢市の緑茶・コーヒー製造業の国太楼に適用し設備資金の融資を実施したと発表した。同融資を受け国太楼は、生産性・品質向上のためのティーバッグ生産ライン導入…

  • 乳肉・油脂

    伊藤忠食品、人気チョコアイスがエリア拡大し再登場 セブン1万3800店で(2017.12.25)

     伊藤忠食品は人気チョコレートブランド「マックス ブレナー」と共同開発したアイスクリームを12日から、セブンイレブン1万3800店舗(東京、神奈川、千葉、埼玉を除く)で数量限定販売を開始した。

     商品名は「マックス ブレナ…

  • 菓子

    モンテール、白あん×北海道バターの和洋折衷スイーツ2品発売(2017.12.25)

     モンテールは18年1月5日、和菓子と洋菓子を融合させた新シリーズ「『わ』スイーツ」から、「もちもちのどら焼・北海道バター餡」(写真)と「しっとり生カステラ・北海道バター餡」を期間限定で発売する。同社では、17年9月から洋菓子ブランド…

  • 惣菜・中食

    カネテツデリカフーズ、「クリームチーズ伊達巻」発売 コク豊かスイーツ感覚(2017.12.25)

     【関西】カネテツデリカフーズは、フロマジェリー・ベル社のキリクリームチーズを使用した「クリームチーズ伊達巻」(=写真、オープン価格)を25日から発売する。

     同商品は伊達巻きの生地にクリームチーズを練り込んだもので「クリ…

  • 水産加工

    伍魚福、「やわらかとば」来年1月発売(2017.12.25)

     【関西】高級珍味メーカーの伍魚福は、北海道産オホーツクサーモンを使用した「やわらかとば」(写真)を、18年1月4日に発売する。

     同商品はオホーツクサーモンを醤油、砂糖などで味付けし、薄くスライスして食べやすい厚みにした…

  • 農産加工

    グレープフルーツ需給逼迫 米国減産など影響 レモンは収穫良好(2017.12.22)

     世界的にグレープフルーツの需給が逼迫(ひっぱく)している。米国でのハリケーンはフロリダのグレープフルーツ農家を直撃し、壊滅的な状態だ。ここ数年、米国が減産傾向にある中、南アフリカ(南ア)に産地は移行しつつあったが、米国の突然の大減産…

  • 小麦加工

    見目信樹社長

    日清製粉グループ本社、総合力底上げ目指す 創業120年へグループで挑戦(2017.12.22)

     日清製粉グループ本社(見目信樹社長)は2020年創業120年に向け、グループ総合力のさらなる強化推進を図るため、業績、技術、加工食品、医薬事業など経営課題の総合長期経営計画の底上げを目指す。

     業績も中期経営計画7500…

  • 酒類

    キリンビール、「氷結」ブランドの販売量過去最高に(2017.12.22)

     キリンビールは、「氷結」ブランドの販売数量が過去最高を更新したと18日発表した。01年の発売以降、最も多かった06年の年間販売数量3680万ケース(250ml×24本換算)を12月中旬までに超えた。同ブランドの年間販売量の7年連続で…

  • 機械・資材・IT

    三菱ケミカル、フィルム製品5品値上げへ(2017.12.22)

     三菱ケミカルは18年1月21日から二軸延伸ポリスチレンシートなどフィルム製品5品を値上げする。主原料であるポリスチレンやナイロンが原油・ナフサなどの市況高騰や物流費、用役費などの諸経費も上昇が避けられない状況から、コストアップ分を自…

  • その他

    トーアス、栄養ケア・ステーション開設 食品加工で初の認定(2017.12.22)

     【中部】トーアス(愛知県豊川市)は11月下旬、食品加工メーカーでは全国で初めて認定された栄養ケア・ステーション、ふれあいまちの健康ひろば「ぴんぴんキラリ☆」(写真)を本社敷地内に開設した。地域の高齢者を対象に、管理栄養士による無料の…

  • 冷凍・チルド

    ニチレイ首脳3事業トップ方針語る 300億円目安に成長確保(2017.12.22)

     ニチレイと基幹3事業会社の各社社長が年末会見し、事業進ちょくと今後の方針などを語った。大谷邦夫ニチレイ社長は3期連続で過去最高益を更新する見通しの今期業績に関し、「上期は主に加工食品事業のカテゴリー戦略が奏功し、128億円の増収に。…

  • 乳肉・油脂

    八馬史尚社長

    J-オイルミルズ、価格適正化を推進 相場状況「波高し」(2017.12.22)

     J-オイルミルズは12日、年末懇親会を東京都千代田区の赤坂維新號で開催。年内最後まで価格適正化を進めながら、18年度以降への基盤づくりを図ることを示した。専門紙記者団との情報交換を兼ね毎年12月に開催しているもので、八馬史尚社長、善…

  • 小麦加工

    2017年即席麺業界重大ニュース 生産量、過去最高水準へ(2017.12.22)

     即席ラーメン記者会が選定した17年即席麺業界重大ニュースは次の通り。

     (1)即席麺の2017年生産量、カップ麺けん引し過去最高水準で着地の見通し

     (2)じわりコストアップ進む。麦価に加え、物流費や諸資材価…

  • 乳肉・油脂

    今村隆郎会長

    日本植物油協会が年末懇親会開催 市場活性化に意欲(2017.12.22)

     ●今村会長「得意分野で付加価値品を」

     日本植物油協会は19日、年末懇親会を東京都内で開催し、会長・副会長を務める大手3社含めた会員各社が、市場活性化への意欲をあらためて示した。

     会員相互の交流と情報交換を…

  • 調味

    グルタミン酸ナトリウム、国内生産1~9月期4.3%減(2017.12.22)

     日本うま味調味料協会によると、2017年1~9月のグルタミン酸ナトリウムの生産量は1万3038tで前年同期比4.3%減となった。同期の核酸系調味料の生産量は1818t、同4.6%増だった。

     貿易統計に基づく同期の輸出量…

  • 農産加工

    テーブルマーク、パックご飯強化 新ライン増設へ(2017.12.22)

     テーブルマークはパックご飯(無菌包装米飯)の生産体制を強化する。21億円をかけ、18年8月までに新潟魚沼工場に毎時7500食製造の新ライン1本を増設する。「品質の向上や防災意識の高まり、ライフスタイルの変化によって伸長を続ける市場へ…

  • 調味

    清水誠三・執行役員FS本部長

    キユーピー、FS市場活性化 「具沢山ドレッシング」など22品発売(2017.12.22)

     ●人手不足解決アイテム多数

     キユーピーは18年2月14日から順次、新機軸の「具沢山ドレッシング」や人手不足を解消するヴルーテソース、ホテル朝食需要の高まりに対応するスクランブルエッグ製品など春向け業務用新製品22品をフ…

  • その他

    プロジェクトリーダーの三木依子社長室企画G課長

    ヤンマー、消費者とつながる活動スタート 青空市場など開催(2017.12.22)

     農業機械大手のヤンマーが、消費者と直接つながる活動を本格スタートした。新たな食ソリューションビジネス創出を狙う。「YANMAR Premium Marche」プロジェクトで、核となる「Premium Marche青空市場(プレマル市…

  • 菓子

    総指揮を執った大石茂之氏(右)

    メリーチョコレート、「サロン・デュ・ショコラ」で連続金賞 「東京爛漫」テーマに(2017.12.22)

     高級チョコレートを展開するメリーチョコレートカムパニーが、仏・パリ開催の世界最大のチョコレート展「サロン・デュ・ショコラ・パリ」で2年連続のゴールドタブレット(金賞)を受賞した。受賞作は「東京爛漫」をテーマに咲き誇る花や日本の美しさ…

  • 機械・資材・IT

    次亜塩素酸水生成装置のJIS制定 来夏にも第1号認定機種登場へ(2017.12.22)

     今年10月20日に経済産業省の「新市場創造型標準化制度」を活用してJIS B 8701が制定された「次亜塩素酸水生成装置」は、早ければ来年夏にも第1号認定を受けた機種が登場する見通しだ。制定に向けて原案作成の取りまとめを行ってきた機…