関東歳暮ギフト特集

関東歳暮ギフト特集:缶詰 個食・少量多品種が伸び

びん・缶詰 2019.11.08 11968号 12面

 缶詰ギフトは、中高年層などヘビーユーザーの安定支持を得てきた一方、若年層のギフト慣行減や法人需要の伸び悩み、高級水産原料の長引く不漁などで贈答件数は微減傾向が続く。缶詰・瓶詰・レトルト食品合算の19年中元ギフト売上げは、百貨店ベースで前年比売上げ4~5%減と推測される。中元商戦は冷夏と7月土日の降雨など、主に天候要因から苦戦。それだけに歳暮商戦に期待がかかるが、複数の好悪材料が入り交じり、明確な傾向が見通しにくい不透明な状況となっている。  各地で相次いだ台風・大雨災害によ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 関東歳暮ギフト特集

    関東歳暮ギフト特集

    小売

     19年の歳暮ギフトは10月の消費増税に伴う軽減税率で食品が税率8%に据え置かれ、その対応がポイントになる。百貨店は外食から内食へ需要が高まるとみて、食卓をぜいたくに演出するギフトや新しい食べ方を提案する。スーパーは割安 […]

    詳細 >