日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

北海道酒類販売、新社長に伊関淑之氏

人事 2019.01.18 11821号 01面


 北海道酒類販売は15日の取締役会で小田彰代表取締役社長が退任し、4月1日付で伊関淑之専務取締役が代表取締役社長に就任する人事を決めた。

   *

 伊関淑之氏(いせき・としゆき)1961年7月6日生まれ、57歳。84年北海学園大学経済学部卒業。84年4月北海道酒類販売入社、2003年4月店舗企画開発部長、05年10月執行役員店舗企画開発部長、07年6月取締役広域流通第二部兼店舗企画開発部長、10年4月常務取締役、17年4月専務取締役、19年4月1日代表取締役社長に就任予定

...続きを読む

酒類

  • 人事

    北海道酒類販売、新社長に伊関淑之氏(2019.01.18)

     北海道酒類販売は15日の取締役会で小田彰代表取締役社長が退任し、4月1日付で伊関淑之専務取締役が代表取締役社長に就任する人事を決めた。

       *

     伊関淑之氏(いせき・としゆき)1961年7月6日生まれ、57…

  • インタビュー

    2019新春の抱負:ビール酒造組合・高島英也会長代表理事 業界の公正取引推進(2019.01.18)

     ビール酒造組合は19年、業界の公正取引を推進し、消費者の皆さまに適正飲酒をしっかりと啓発してまいります。これらの活動を通じ、グローバルな課題であるアルコール関連問題の解決に対して貢献してまいります。

     10年5月にWHO…

  • インタビュー

    2019新春の抱負:日本酒造組合中央会・篠原成行会長 インバウンド取組み(2019.01.18)

     18年度の税制改正大綱において、租税特別措置法第87条の5年間の延長が認められ、また、20年、30年に予定されている酒税法の改正により、醸造酒類間での税率の一本化などについて、改正されることとなっています。引き続き、業界関係者の皆さ…

  • インタビュー

    2019新春の抱負:アサヒビール・平野伸一社長 酒の価値と魅力創造(2019.01.18)

     アサヒグループは今年から新たなグループ理念「Asahi Group Philosophy」を制定し、国内外約3万人のグループ社員が「期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造」を目指します。アサヒビールとしては長期ビジョン「お客さま…

  • インタビュー

    2019新春の抱負:キリンビール・布施孝之社長 ビール類3年ぶり増(2019.01.18)

     18年、キリンビールは「お客さまのことを一番考える会社でありたい」との思いの下、酒類各分野において主力ブランドに投資を集中したマーケティングを展開しました。ビール類では、一昨年にフルリニューアルしたフラッグシップブランド「一番搾り」…

  • インタビュー

    2019新春の抱負:日本蒸留酒酒造組合・大宮久理事長 公正な競争の定着へ(2019.01.18)

     18年を振り返りますと、大阪北部、北海道胆振地方の地震、台風による大雨によって甚大な被害が発生しました。あらためまして、被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。また、夏の記録的な猛暑も各地に大きな影響をもたらしました。昨年は…

  • 人事

    キング醸造、1月1日付人事異動(2019.01.18)

     1月1日付

     ▽取締役会長片井伸明

     ▽代表取締役社長大西浩介

     ▽取締役副社長経営統括本部長・品質保証担当井口雅嗣

     ▽専務取締役マーケティング本部長・営業統括大西泰幸

  • 人事

    日本盛、1月7日付人事異動(2019.01.18)

     1月7日付

     ▽開拓事業部部長(東京支店支店長)川原和洋

     ▽東京支店支店長(営業本部兼営業業務部部長)野口直樹

     ▽製造部兼製品部部長(製品部部長)寺中宏之

  • ニュース

    本坊和人代表取締役社長(左)と大迫勇也選手

    本坊酒造、大迫勇也選手をアンバサダーに(2019.01.18)

     【九州】本坊酒造はこのほど、プロサッカーの大迫勇也選手とアンバサダー契約を締結した。今後は大迫選手を起用したプロモーション、CM、ポスターなどの制作を行いブランド価値向上を目指す。

     鹿児島県南さつま市加世田で創業した同…

  • 展示会

    月桂冠総合研究所、110周年記念で特別展示 開発の歴史を紹介(2019.01.18)

     【関西】月桂冠総合研究所は、1909年1月10日に創設以来、2019年で110年を迎えた。創設110周年を記念して、10日から、月桂冠大倉記念館(京都市伏見区)に「酒を科学して110年」と題したコーナーを設けて特別展示=写真=を開始…

  • ニュース

    宝酒造、全量芋焼酎「一刻者」〈茜〉限定出荷(2019.01.18)

     【関西】宝酒造は“全量芋焼酎「一刻者」〈茜(あかね)〉”1.8L=写真(右)、720ml=同(左)=を22日、今年も限定出荷で発売する。

     同品は、芋麹を含め原料となるサツマイモに南九州(宮崎、鹿児島)産の希少なダイダイ…

  • ニュース

    (左)からアサヒビール「極上〈キレ味〉」、キリン「本麒麟」、サントリービール「金麦〈ゴールド・ラガー〉」、サッポロビール「本格辛口」

    大手19年ビール類 新ジャンルで火花 潜在ニーズ取込み加速(2019.01.16)

     19年のビール類市場は、新ジャンルで大手4社が火花を散らす。ビールについては全社が基幹ブランドの強化で共通する一方、新ジャンルについては新商品の積極的な投入が目立つ。昨年「本麒麟」のヒットで活性化した新ジャンル市場。キリン以外の3社…

  • ニュース

    仙波匠社長

    サントリースピリッツ、高品質ハイボールの提案強化 ジムビーム100万ケース大台へ(2019.01.16)

     サントリースピリッツは19年、高品質なハイボールの提案を継続強化する。ウイスキーの主要ブランドで飲用時品質にこだわったハイボールを提供。主力のバーボン「ジムビーム」ブランドは、輸入ウイスキーで国内初となる「100万ケース(8.4L換…

  • ニュース

    ドイツ産ヘルスブルッカーホップ(手前)で、飲み飽きないうまさを強化した「新しい本麒麟」

    キリンビール、「本麒麟」1380万ケース計画(2019.01.16)

     キリンビールの「本麒麟」は19年、年間で1380万ケース(大瓶換算、前年比46.8%増)の販売を目指す。1月中旬の製造分から中身と外装をリニューアルし順次切り替える。昨年は2度上方修正した870万ケースの目標数をクリア。2年目となる…

  • ニュース

    宮下敏社長

    サントリーワインインターナショナル、国内3%増計画 日欧EPA受け欧州ワイン強化(2019.01.16)

     サントリーワインインターナショナルは19年、単体での国内ワイン事業で前年比3%増の661万ケース(国産・輸入計)の販売を目指す。日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)を踏まえた欧州産ワインの強化をはじめ、国産ブドウだけで造る…

  • ニュース

    アサヒビール、新ジャンルに極上の“キレ”提案 飲み応えも両立(2019.01.16)

     アサヒビールはビール系新ジャンルの「極上〈キレ味〉」=写真=を29日に発売する。独自の高発酵の醸造技術と冷涼ホップなどを使い「シャープなキレと麦100%の飲み応え」(同社)を実現した。

     既存の「クリアアサヒ」などとは異…

  • セミナー・催し物

    松沢幸一理事長

    日本洋酒輸入協会、新年賀詞交歓会を開催 欧州産ワイン喚起へ(2019.01.16)

     日本洋酒輸入協会は9日、新年賀詞交歓会を東京・日本工業倶楽部会館で開いた。会員や友好団体らが参集し、新年を祝った。日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が2月1日に発効することを受け、松沢幸一理事長は「各社が2~3月に欧州産…

  • ニュース

    「ハイネケン」が支援するラグビーワールド杯日本大会はアジアで初の開催

    キリンビール、スポーツ通じて酒類活性化(2019.01.16)

     キリンビールは19年、スポーツを通じた酒類市場の活性化に取り組む。9月にアジアで初めて開催される「ラグビーワールドカップ2019日本大会」を世界的なスポンサーであるハイネケンとともに盛り上げていくほか、サッカー女子日本代表「なでしこ…

  • ニュース

    サッポロビール、新ジャンル「本格辛口」発売(2019.01.16)

     サッポロビールはビール系新ジャンルの新商品「本格辛口」=写真=を4月2日に発売する。同社史上“最強炭酸”と高発酵によるキレ味で、「新ジャンルユーザーの辛口を求める未充足ニーズに応える」(同社)狙いだ。

     開発に当たり「辛…

  • ニュース

    鳥井信宏サントリーBWS社長(左)と山田賢治サントリービール社長

    サントリービール、新ジャンルで史上最大の攻勢を(2019.01.14)

     サントリービールは今年「ザ・プレミアム・モルツ」の神泡提案を発展させつつ、新ジャンルで「史上最大の攻勢をかける」(山田賢治社長)。「金麦」ブランドからコクを強化した「同〈ゴールドラガー〉」を投入するほか、「マグナムドライ」をキレ味あ…

  • ニュース

    日本酒類販売、欧州ワイン値下げ(2019.01.14)

     酒類卸の日本酒類販売は、直接輸入する欧州産ワインを3月1日出荷分から値下げする。日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が2月1日に発効し、関税が即時撤廃されるため価格に反映させる。欧州産の需要増を見込み、「高品質品を適正な価…

  • ニュース

    平野伸一社長

    アサヒビール19年戦略 基幹ブランド強化 新分野に「キレ味」(2019.01.11)

     アサヒビールは19年、「基幹ブランドの強化」と「新需要の創造」に挑む。「スーパードライ」「クリアアサヒ」の2ブランドに経営資源を集中。26年の税率一本化後を見据え、各分野でトップ地位構築を図る。新ジャンルでは「極上〈キレ味〉」を投入…

  • ニュース

    布施孝之社長

    キリンビール、主力投資継続へ 「本麒麟」5割増計画(2019.01.11)

     キリンビールは19年も主力ブランドへの集中投資を継続する。酒税改定を見据え「一番搾り」「淡麗グリーンラベル」の価値向上を進める。クラフトビール事業にも注力し、ビールの魅力化と社会貢献のCSV活動にもつなげていく。消費増税による生活防…

  • ニュース

    高島英也社長

    サッポロビール、ビールを再強化 分野計3.7%増目指す(2019.01.11)

     サッポロビールは19年、「ビール再強化宣言」を掲げる。「黒ラベル」の伸長維持に努めるほか、「ヱビス」は新商品による話題喚起などで、来年の発売130周年に備える。新ジャンルは新ブランドの「本格辛口」を4月に発売。高まりが予想される消費…

  • ニュース

    サッポロビール、「黒ラベル」4年連続でプラス達成(2019.01.11)

     サッポロビールの基軸ビール「黒ラベル」の年間販売数量が、4年連続で前年実績をクリアした。18年12月30日の出荷で同年の年間販売量が17年の1653万ケース(大瓶換算)を上回ったため。「19年もお客さまに“完璧な生ビール”を実感いた…

  • ニュース

    メルシャン、欧州ワイン値下げ(2019.01.11)

     メルシャンは3月1日出荷分から一部の欧州産ワインを値下げする。日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が2月1日に発効することに伴い、関税が即時撤廃されることを受けたもの。

     対象はフランス産をはじめ、イタリアやス…

  • ニュース

    白鶴酒造、「翔雲」が五つ星ひょうごに選定(2019.01.11)

     【関西】白鶴酒造が製造・販売する「超特撰 白鶴 純米大吟醸 翔雲 山田錦720ml」=写真=がこのほど、平成30年度「五つ星ひょうご」に選定された。

     同品は、兵庫県産山田錦を100%使用し、兵庫県内で醸造・瓶詰めされた…

  • ニュース

    浜田酒造、立春限定「海童 春雲紫」を上市(2019.01.11)

     【九州】浜田酒造は本格芋焼酎の海童シリーズから、立春限定の「海童 春雲紫 25度1800ml/900ml瓶(写真)」を2月4日に数量限定で全国発売する。標準小売価格(税抜き)はそれぞれ2500円、1280円。

     中国の「…

  • ニュース

    乾杯後、新年を祝って歓談した

    酒類食料品業懇話会、新年賀詞交歓会を開催 難局に業界一丸(2019.01.09)

     酒類食料品業懇話会は5日、東京・ロイヤルパークホテルで新年賀詞交歓会を開催し、メーカー・卸など263社900人が参集し新年を祝った。國分勘兵衛会長(国分グループ本社会長兼CEO)は、「今年は国内外で経済的な緊張が高まることが予想され…

  • ニュース

    本坊酒造、マルス信州蒸溜所の生産設備を増強 ウイスキー拡大(2019.01.09)

     【九州】本坊酒造は国産ウイスキーの需要拡大を受け、将来にわたり安定してモルト原酒を確保するため、マルス信州蒸溜所(長野県宮田村)=写真=のウイスキー生産設備を増強する。生産体制拡充という面では、2016年のマルス津貫蒸溜所、マルス屋…

新製品 酒類