東北卸流通の力 リーダーに聞く

東北卸流通の力 リーダーに聞く:仙台水産・本田誠社長 被災3県、震災前の40%台へ

卸・商社 2020.09.28 12123号 10面

 4月1日、仙台水産の新社長に本田誠専務が就任した。「魚食普及活動によって地域に貢献するが当社の基本」と強調する。6月に改正卸売市場法の施行で、HACCPの考え方に沿った卸売市場の管理の実行など、変革の年になる。被災3県の復興、活性化に取り組んできたが、震災から来年で10年になる。この地域での扱いを震災前のレベルである40%まで引き上げること。「われわれの本業の伸びが被災地の復興につながるとの思いで9年間業務に就いてきた」と振り返る。37%まで回復してきて、後もう少しだ。現在

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東北卸流通の力 リーダーに聞く

    卸・商社

     内食の需要拡大で市販用は伸びているものの、業務用、酒類の落ち込みは大きく、食品・酒類卸売業界は不均衡な状態が続く。異常が日常化した中では新たな需要も生まれている。食生活が見直され、簡単、即食だけではなく、一手間掛ける商 […]

    詳細 >