東北卸流通の力 リーダーに聞く

東北卸流通の力 リーダーに聞く:ボーキ佐藤・平山裕一専務 中計最終売上げ1300億円

卸・商社 2020.09.28 12123号 09面

 ボーキ佐藤の上期業績は売上げは3.2%増だった。物流経費は増加したが、販管費が0.3%減少し、営業利益は増益になった。業態別ではドラッグストア(DgS)が2桁の伸びをみせ、やはり勢いがあるところと評価する。食品スーパー(SM)以外のチャネルも確実に広がっている。エリアでみると北関東が9.2%増と好調。業務用の比率は10%ほどでしかないので、コロナ禍の影響はさほどない。ただ、地場菓子メーカーが苦境に立たされていて、砂糖、小麦粉など原料関係は響いている。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東北卸流通の力 リーダーに聞く

    卸・商社

     内食の需要拡大で市販用は伸びているものの、業務用、酒類の落ち込みは大きく、食品・酒類卸売業界は不均衡な状態が続く。異常が日常化した中では新たな需要も生まれている。食生活が見直され、簡単、即食だけではなく、一手間掛ける商 […]

    詳細 >