東北卸流通の力 リーダーに聞く

東北卸流通の力 リーダーに聞く:国分東北・石橋逸平社長 苦戦の酒類・業務、市販は健闘

卸・商社 2020.09.28 12123号 08面

 国分東北の前期業績は、売上げ988億2600万円、前年比1.5%減、経常利益3億5000万円、同39.6%減となった。売上構成比は食品44.6%、酒類50.8%、その他4.5%。酒類の構成比が半分以上占め苦戦している。家庭用は健闘しているが、食品含め21%あるから業務用は厳しい。コロナ禍で酒販店ルートが大きく落ち込んでいて、「流れを食い止めるため、次の一手を打たないといけない」(石橋逸平社長)とし、標榜する地域密着全国卸の機能を発揮し、収益改善を図る。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東北卸流通の力 リーダーに聞く

    卸・商社

     内食の需要拡大で市販用は伸びているものの、業務用、酒類の落ち込みは大きく、食品・酒類卸売業界は不均衡な状態が続く。異常が日常化した中では新たな需要も生まれている。食生活が見直され、簡単、即食だけではなく、一手間掛ける商 […]

    詳細 >