東北卸流通の力 リーダーに聞く

東北卸流通の力 リーダーに聞く:山形丸魚・鈴木徹郎社長 水産卸の新たな行き方を模索

卸・商社 2020.09.28 12123号 10面

 山形丸魚の鈴木徹郎社長の入社は1991年。食品営業に10年携わり、その後水産管理、営業と長く関わってきた。5月末に社長就任した。現状で一番頭が痛いのは、カツオ、イカ、サンマ、サケといったボリュームの大きな魚種が不漁続きということ。自然現象だから仕方がないというわけにはいかない。しかし、この減少を食品でカバーというのも簡単ではない。製造業を新規に立ち上げ、売上げ減を創意工夫でカバーしていく。異業種でのサラリーマン経験もあり、柔軟な発想でのかじ取りに期待も集まる。  ●製造会社

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東北卸流通の力 リーダーに聞く

    卸・商社

     内食の需要拡大で市販用は伸びているものの、業務用、酒類の落ち込みは大きく、食品・酒類卸売業界は不均衡な状態が続く。異常が日常化した中では新たな需要も生まれている。食生活が見直され、簡単、即食だけではなく、一手間掛ける商 […]

    詳細 >