東北卸流通の力 リーダーに聞く

東北卸流通の力 リーダーに聞く:三菱食品・若林哲也東北支社長 からだシフトの認知度高まる

卸・商社 2020.09.28 12123号 08面

 三菱食品東北支社の前期3月期末決算は増収増益だった。3月は新型コロナウイルス感染症の影響があり、生協の店舗・共同購入や食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DgS)などの売上げ伸長が寄与した。今期4月から7月までをみると、ゴールデンウイークまでは市場も一部商品供給で混乱がある中で、「何が売れるのか、どう対応すべきなのかを考え、取引先と話し合い解決してきた」(若林哲也東北支社長)と話す。コストを見据え、3層での最適な姿を追求しなければとしている。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東北卸流通の力 リーダーに聞く

    卸・商社

     内食の需要拡大で市販用は伸びているものの、業務用、酒類の落ち込みは大きく、食品・酒類卸売業界は不均衡な状態が続く。異常が日常化した中では新たな需要も生まれている。食生活が見直され、簡単、即食だけではなく、一手間掛ける商 […]

    詳細 >