冬季東北流通特集

冬季東北流通特集:山形・宮城新店紹介=フレスコ矢本店 ローカルSM、高い客単価

小売 2020.12.25 12164号 15面
菊地盛夫フレスコ社長

菊地盛夫フレスコ社長

主要商圏を離れて出店、パワー試される矢本店

主要商圏を離れて出店、パワー試される矢本店

生鮮の売上構成比は56%と高い

生鮮の売上構成比は56%と高い

 ◇菊地盛夫フレスコ社長
 ●競合との戦いで鍛え上げてきた売場
 フレスコ矢本店は10月8日に開店した。年商予定は13億円。滑り出しは順調だ。われわれの主要商圏の宮城仙南地区から一気に東松島市に出店したことは行政との縁があってのこと。他社が出店を取りやめたことでその後、市との話し合いで出店を決めた。売場面積は520坪(1716平方m)。SMの立地としてどうか。東側がすぐ航空自衛隊松島基地であり、競合店はヨークベニマル、ザ・ビッグ

  • 冬季東北流通特集

    小売

     ●小商圏へ新フォーマットの店づくり コロナ禍でSMの多くは業績を伸ばしてきている。東北地区も伸びをキープしてきた。東北地域百貨店・スーパー販売額動向から今年を振り返ると、既存店ベース(前年比)でも3、4月は0.4%減だ […]

    詳細 >