パン粉特集

パン粉特集:大川食品工業 「低糖質」「低吸油」機能性アピールし差別化

小麦加工 2020.07.15 12081号 07面

 大川食品工業の19年パン粉販売は微増で着地した。家庭用は「低糖質生パン粉」の新発売により配荷が広がり、数字を押し上げた。業務用は生、ソフトタイプとも伸長。スーパーの惣菜部の好調が寄与した。  19年は低糖質、低吸油など機能性に特化したパン粉の開発に家庭用、業務用とも力を入れた。業務用もスーパーの惣菜部が健康を訴えたり、国内産原料使用などの差別化を試みる傾向が強まったことから、パン粉もおいしさにこだわり健康ニーズを意識した製品開発を進める企業が増えてきたと考える。  20年3

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • パン粉特集

    パン粉特集

    小麦加工

     パン粉市場は新型コロナの影響により、業務用と家庭用で大きく明暗が分かれた。豚カツ店をはじめとする外食などの業務用が落ち込む一方、家庭用は巣ごもり消費で販売が伸びている。ただ、市場は9割を業務用が占め、パン粉製造事業者は […]

    詳細 >