パン粉特集

◆パン粉特集:コロナ禍で明暗 家庭用=巣ごもりで伸長 業務用=需要回復が課題

小麦加工 2020.07.15 12081号 06面

 パン粉市場は新型コロナの影響により、業務用と家庭用で大きく明暗が分かれた。豚カツ店をはじめとする外食などの業務用が落ち込む一方、家庭用は巣ごもり消費で販売が伸びている。ただ、市場は9割を業務用が占め、パン粉製造事業者は過去に例のない需要減少に苦しんでいる。このような状況の中、原料の小麦が値上げとなり、製粉メーカーは小麦粉などの値上げを発表。小麦粉2次加工食品であるパン粉についても、家庭用はPBを含め値上げに動いている。一方、業務用は値上げ要因を簡単に反映できる状態ではなく、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • パン粉特集

    パン粉特集

    小麦加工

     パン粉市場は新型コロナの影響により、業務用と家庭用で大きく明暗が分かれた。豚カツ店をはじめとする外食などの業務用が落ち込む一方、家庭用は巣ごもり消費で販売が伸びている。ただ、市場は9割を業務用が占め、パン粉製造事業者は […]

    詳細 >