海外ブランドビール特集

海外ブランドビール特集:ユーラシア・トレーディング、品揃えを強固・多彩に

酒類 2019.06.21 11896号 07面

 ユーラシア・トレーディングは、ベルギービールを中心に欧州やタイなどのビールを扱う。18年はベルギー2位のアルケン・マース社の正規輸入代理店となり、「マースピルス」などの展開が本格化した。  海外ビール市場はブームが一巡、食品スーパー(SM)にも広がった売場は国産クラフトビールに置き換わるケースが増えている。レナート・ボーレン代表取締役は、海外ビールへの注目はいずれまた高まると楽観的だ。質と価格のバランスに優れた商品でのポートフォリオを充実させ、厳しい環境の中でも市場での自社

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 海外ブランドビール特集

    海外ブランドビール特集

    酒類

     海外ブランドビール市場は19年、「ハイネケン」「コロナ」「バドワイザー」といった大型ブランドが伸長を続けそうだ。最大の目玉となるアジア初のラグビーワールドカップ(W杯)開催が秋に控える。ヨーロッパやオセアニアからの訪日 […]

    詳細 >