北海道夏季特集

北海道夏季特集:注目ニュース=新千歳空港 年間乗降客数は前年比62%減少

総合 2021.08.30 12284号 06面
インバウンド客が消えた新千歳空港国際線ターミナル

インバウンド客が消えた新千歳空港国際線ターミナル

 国土交通省東京航空局が1月発表した新千歳空港の航空管理状況によると、20年の国際線、国内線を合わせた年間乗降客数は、前年比62.2%減の929万9961人で、年間1000万人を割るのは1986年以来34年ぶり。新型コロナ拡大で国際旅客便の発着がなく、国内線も大幅減便や運休が続いたことが響いた。国際線は83.6%減の63万4398人で4~12月の実績はゼロ。国内線は58.2%減の866万5563人。(長島秀雄)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 北海道夏季特集

    北海道夏季特集

    総合

     新型コロナウイルス感染拡大を受け、北海道では昨年2月末から緊急事態宣言や緊急共同宣言を発令し感染拡大防止に努めてきた。一度は落ち着いたかと思われた道内の新規感染者数だったが、インド由来で感染力が強いとされている変異株「 […]

    詳細 >