なめ茸・山菜加工特集

なめ茸・山菜加工特集:信濃産業 デフレ強まりに懸念

農産加工 2019.11.01 11965号 07面

 「消費税の引き上げもあり、デフレ基調の強まりを懸念している」と信濃産業の望月誠一社長。なめ茸カテゴリーの売上げも、中国産との価格競争などで前年をやや下回って推移しているが、10月以降は持ち直している。  同社は国内最大のエノキ茸産地、長野県中野市が拠点。台風19号では地元の千曲川流域にも一部、浸水被害をもたらしたが、エノキ工場に大きな被害はなかったもようだ。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • なめ茸・山菜加工特集

    なめ茸・山菜加工特集

    農産加工

     「ご飯のお供」として半世紀にわたって親しまれている、なめ茸。レギュラーの瓶詰製品に加え、ソフトボトルタイプが普及し始め、食の多様化や「コメ離れ」で地盤沈下する需要基盤に新たな消費シーンを作り始めている。一方、カテゴリー […]

    詳細 >