なめ茸・山菜加工特集

なめ茸・山菜加工特集:なめ茸18年度製造量は9%増 「普及品回帰」鮮明に

農産加工 2019.11.01 11965号 07面

 なめ茸の主なメーカーは長野県に集中し、全国シェアのほとんどを県内各社で占めている。長野県缶詰協会のまとめによると、県内主要6社の18年4月~19年3月期なめ茸製品製造量は83万1340ケース(容量、入り数などが異なる製品を1ケースで延べ集計した参考値)で、前年比で9%上回った。  ナガノトマトのボトル製品が増えたことで、入り数などに大きな変更があったため、実際の出荷ベースは数字ほど伸びていないと思われるが、中国産の大幅な伸びもあり数量ベースでは堅調な推移を見せている。  固

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • なめ茸・山菜加工特集

    なめ茸・山菜加工特集

    農産加工

     「ご飯のお供」として半世紀にわたって親しまれている、なめ茸。レギュラーの瓶詰製品に加え、ソフトボトルタイプが普及し始め、食の多様化や「コメ離れ」で地盤沈下する需要基盤に新たな消費シーンを作り始めている。一方、カテゴリー […]

    詳細 >