長野・山梨地区新春特集

長野・山梨地区新春特集:信州そば=乾そば再評価 ECチャネル拡販進む

小麦加工 2021.01.13 12170号 11面
内食化を追い風に進む乾そばの再評価。「八割」「十割」などのそば粉高配合系が原動力

内食化を追い風に進む乾そばの再評価。「八割」「十割」などのそば粉高配合系が原動力

信州そばを代表する「戸隠そば」はざるに小分けした「ぼっち盛り」が特徴

信州そばを代表する「戸隠そば」はざるに小分けした「ぼっち盛り」が特徴

 そばの一大ブランド「信州そば」も、コロナ禍の影響を大きく受けている。
 観光ニーズが大きなウエートを占める外食、土産品関連では停滞が続くが、内食化の強まりで、乾麺・乾そばの動きが好調。コロナ自粛がスタートした昨春は、TV番組で十割、八割といったそば粉高配合系乾そばの高い品質、食べ応えが紹介されたタイミングも重なり、ブーム的に需要を伸ばした。
 中でも、ECチャネルでの販売が拡大し、新たな販路確立の兆しも見え始めている。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 長野・山梨地区新春特集

    長野・山梨地区新春特集

    総合

     新型コロナウイルスの猛威が続く中で明けた2021年。長野、山梨両県の食品業界も、柱の観光需要や業務用関連を中心に深刻なダメージを背負ったまま、厳しい船出となった。本紙が行った域内食品業界へのアンケート調査で、今年の抱負 […]

    詳細 >