VOICE:明治ホールディングス・川村和夫社長CEO 需給改善へ正念場

 今年は生産者から見れば、乳価は据え置きにならざるを得なかったが、酪農現場の中で飼料、肥料、資材のコストアップで厳しい状況にあることは十二分に理解している。
 一方で、酪農乳業の最大課題は、需給が緩和している状況だ。今年はまず需給をどうやって改善していくかに酪農・乳業双方集中しようということで折り合ったと理解している。
 現在の牛乳・乳製品消費は、決して強い状況ではないという現実を受け止めなくてはならない。