スパイス特集

スパイス特集:ガーリック、中国産が大幅上昇 現地生鮮品高騰で影響懸念

調味 2019.09.04 11936号 09面

 中国産ガーリックが高騰している。現地の生鮮品は昨年と比較して約3~4倍の価格に上昇。栽培面積が20~30%減少したことに台風の産地への直撃、投機筋の動きが絡んだことで大幅に上昇した。このため、日本向けの中国産ガーリックフレークにも影響を与えつつある。現状で中国産ガーリックフレークの価格は、前年比で1.6倍から2倍近くに上昇している。  また中国の加工場は、中国当局による環境規制強化から、天然ガスへの移行や排水設備の強化などを求められ加工場数が大きく減少するとともに、定期的に

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • スパイス特集

    スパイス特集

    調味

     スパイスを取り巻く環境は全体として好調に推移しているといえる。家庭用と業務・加工用に共通するのは、コショウなど主要スパイスの原料価格安定と「しび辛」や薫製など新たな動きによる裾野の拡大だ。家庭用はチューブタイプに大きな […]

    詳細 >