からし特集

からし特集:原料事情=作付面積大幅減少 カナダ19年産単収は「良好」

調味 2020.10.21 12134号 07面
カナダのからし収穫

カナダのからし収穫

日本におけるからし原料の大半を占めるカナダ産からし種子の19年産は、一部のイエローの生産者が例年より早く4月上旬に作付けを開始したが、気温の低下や遅霜が発生し、5月上旬まで大部分の作業が停止した。その後作付けが再開されたが、早めに作業を開始していた生産者は再播種をする必要に迫られ、全体的な作付けが完了したのは6月の中旬から下旬となった。これは例年と比べかなり遅く、本来であれば5月末には作付けが完了していることが理想的といわれている。

アルバータでは5月は十分な土壌水分があっ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • からし特集

    からし特集

    調味

     からしを取り巻く環境はこれまで、家庭用はマスタードが、業務用では納豆向けの小袋が市場をけん引してきた。この1年間でもこの流れは続いているが、新型コロナウイルスの発生による家庭内食化傾向は、からし市場にもこれまでにない流 […]

    詳細 >