近畿中四国小売流通特集

近畿中四国小売流通特集:コノミヤ・芋縄隆史社長 幅広い分野でM&Aを視野

小売 2021.09.28 12300号 11面

 ◇コノミヤ 代表取締役社長 芋縄隆史氏
 大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、愛知県、岐阜県の広域でチェーン展開するコノミヤは今年、スーパーマーケット事業を開始して50年という節目の年を迎えた。昨年5月にスーパーおくやま(奈良県)を傘下に収め、グループ売上高は1300億円超、店舗数は92店舗と、順調に業容を拡大している。今後はスーパーマーケットだけではなく、第1次産業、第2次産業、第3次産業など幅広い分野でのM&A(企業の合併・買収)を視野に入れて事業強

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 近畿中四国小売流通特集

    近畿中四国小売流通特集

    小売

     2年にわたるコロナ禍で、内食化の動きは続いており、前年の特需の反動があるものの、今期もスーパーマーケット業態は比較的堅調に推移している。ただこの状況は、小売各社の真の実力とは言い難い。少子高齢化や人口減の進行で、市場の […]

    詳細 >