近畿中四国小売流通特集

近畿中四国小売流通特集:神戸物産・沼田博和社長 PB独自戦略で求心力発揮

小売 2021.09.28 12300号 13面

 ◇神戸物産 代表取締役社長 沼田博和氏
 神戸物産の「業務スーパー」は兵庫県で1号店を2000年に開店。「毎日がお買い得」をコンセプトに加盟約100社のFC(フランチャイズチェーン)展開で全国出店を進め、今年2月に47都道府県を制覇した。家庭内食の機会が増えたコロナ禍は独自開発のPB(自主企画)商品が注目を集め、現在930店舗超の既存店実績は絶好調。顧客満足度向上と店舗の効率運営に向けた次世代型モデル直営店も8月に開店し、1200店舗以上の体制を見据

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 近畿中四国小売流通特集

    近畿中四国小売流通特集

    小売

     2年にわたるコロナ禍で、内食化の動きは続いており、前年の特需の反動があるものの、今期もスーパーマーケット業態は比較的堅調に推移している。ただこの状況は、小売各社の真の実力とは言い難い。少子高齢化や人口減の進行で、市場の […]

    詳細 >