11月CVS売上高、2ヵ月連続でプラス

小売 統計・分析 2020.01.08 11994号 10面

 日本フランチャイズチェーン協会(JFA)の19年11月度CVS(コンビニエンスストア)統計によれば、既存店売上伸び率は前年同月比1.0%増と2ヵ月連続で前年を上回った。前月に続いて消費増税に伴うキャッシュレス化推進のポイント還元の影響で客単価が2.5%増で、客数の1.5%減をカバーした。  カテゴリーではホット麺、冷凍食品、サラダ、デザートなどが引き続き好調だった。  各チェーンの既存店売上高はセブンイレブンが1.1%増、ファミリーマートも0.3%増、ローソンは0.4%減だ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら