ふりかけ・お茶漬け特集

ふりかけ・お茶漬け特集:にんべん 「ビフィズス菌入りおかか」で新たな需要喚起

水産加工 2020.08.28 12105号 09面

 にんべんの今3月期売上げは前年比2桁減で推移し、弁当需要の減少が響いている。ソフトタイプで先駆け、差別化するが弁当、おむすび向きの商品力にコロナ禍が直撃した。7月には微減まで回復し、「おかかふりかけ90g」といった主力の定番品に消費集中。9月から「ビフィズス菌入りおかかふりかけ」を発売し、新たな需要を喚起する。
 ソフトのウエット素材はドライより味わいと食感、具材感を高めた。経時劣化も防ぎ、弁当のメーンユースを強みにし、数十年前から始めた展開をソフト

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • ふりかけ・お茶漬け特集

    ふりかけ・お茶漬け特集

    水産加工

     20年度のふりかけ・お茶漬け市場は、前年実績を上回って推移し、ともに久しぶりの活況を呈している。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ巣ごもり、内食増が追い風になった。特需からの反動減が一時見られたが、今は回復して実売も順 […]

    詳細 >