焼肉のたれ特集

調味 2019.06.19
焼肉のたれ特集

 焼肉のたれ市場は、肉需要の高まりを受け好調に推移している。TPP11の発効などから輸入肉の関税が引き下げられ、肉の消費量は増加傾向にある。それに伴い、焼肉のたれ、ステーキしょうゆカテゴリーも活性化している。今年は各社の主力商品で周年発売やリニューアルが重なり、市場は例年以上に盛り上がりそうだ。10月には外食の消費税率が10%に引き上げられ、客足への影響が指摘されている。一方、家庭内ではステーキや焼肉などハレの日メニューの登場頻度が増えるのではとの期待もあり、市場にとって増税が追い風にもなりそうだ。(三井伶子)