今日は何の日

8月14日。今日はグリーンデー

8月14日は韓国のグリーンデー。恋人同士が森林浴をする日とされている。恋人がいない場合は緑色の瓶に入った焼酎を飲む。

酒類 今日のキーワード: 焼酎

日本の焼酎は、はるか彼方の国から原型が伝わった?

蒸溜によって香料をとる技術は、紀元前3000年メソポタミアに存在していたといわれるが、 醸造酒を蒸溜してアルコールをとり、飲料に供するようになったのは、西洋でも16世紀末以降と考えられている。中国では14世紀の元 の時代には醸造酒を蒸溜して焼酒を製造した記録があり、その製法は南蛮すなわち現在の雲南地方から伝えられたとされている(『居家必要事 類全集』)。

琉球とタイ国との交易は14世紀以前からひらけており、15世紀の尚真王時代の南蛮酒はタイ国より伝えられた蒸溜酒で、泡盛の原型といわれている。

南九州で焼酎の存在がはじめて記録にとどめられたのは、16世紀のなかばであり(鹿児島県揖宿郡山川町)、ポルトガル船が種子島に鉄砲を伝えた3年後のことである。南九州の焼酎は琉球より伝えられたものと考えられ、製造法は泡盛にその原型をみることができる。 しょうちゅうの蒸溜機は「らんびき」とよばれていた。これは ウイスキー・ブランデーの蒸溜機「アラムビック」と同様、ギリシャ・アラビア語源で、蒸溜缶の上にのせる冷却用のキャップ(al-anbiq)からきている

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:秋山裕一 ))

アサヒグループ食品、主力味噌汁をリニューアル 3ライン展開、新商品も
2020.07.14
ハナマルキ、「液体塩こうじ」刷新 新ボトルで利便性向上へ
2020.07.14
キユーピー、上期は大幅減益で折り返し 業務用打撃「過去に前例ない」
2020.07.14
クラウン・パッケージ、段ボールでコロナ撃退 フェースシールド開発
2020.07.14
サッポロビール、「ヱビス」130周年で価値訴求加速 限定カウンターなど施策続…
2020.07.14

インターネッ販売促進事業

タイアップ企画広告一覧

HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル