今日は何の日

9月11日。今日は「トリスを飲んでHawaiiへ行こう!」のキャンペーンが始まった日

1961年(昭和36年)9月11日、寿屋(現・サントリーホールディングス)がトリスウイスキーを購入すると抽選でハワイ旅行へ行けるキャンペーンをスタートした。当時は海外旅行が自由化されていなかったため、当選者は1964年4月の海外旅行自由化実施後にハワイへ旅立った。

酒類 今日のキーワード: ウイスキー

戦後、みるみる消費量が伸びたウイスキー

わが国では1924年に寿屋(現・サントリーホールディングス(株)) が日本初のモルトウイスキー蒸留所で蒸溜を開始し、その後、大日本果汁(株)(現 ニッカウヰスキー(株))などが参入、現在は十数社がウイスキーの生産を行っている。製造法も製品のタイプもスコッチウイスキーに近い。

戦前は一部の愛好者にのみ飲まれていたが、戦後ウイスキーを中心に洋酒の需要は爆発的な伸びを示した。課税移出量(Alc 40%換算)は1980年代をピークに2007年には5.9万klまで減少した。しかし、最近のハイボール人気にともない回復し、2011年の課税移出数量は約8.0万klとなり、4年間で約35%増加した。長期間低落傾向にある酒類が多いなか、例外的な増加を示している。

また、輸入ウイスキーの課税移出量は2010年は約1.5万klであった。

イギリスにおいては、スコッチウイスキーの国内消費量は漸減している一方、輸出量は増加しており、純アルコール換算で2001年には28万klであったが、2011年には 35万klに達し、国内の消費量の実に14倍が海外へ輸出されたことになる。輸出量は34%はEU(イギリスを除く)が占め、とくにフランスへのスコッチウイスキー輸出量はアメリカより多く、世界一である。日本は1983年には4番目であったが2011年には14番目となっている。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:東京農業大学 徳岡昌文))

ファンケル、「朝バテ対策部」発足 「睡眠&疲労感ケア」販促強化
2021.11.29
ヤクルト本社、スワローズ日本一で記念施策
2021.11.29
王将フードサービス、22年3月期上期は増収増益、TO・デリバリー施策が奏功
2021.11.29
テーブルマーク、来年3月から価格改定を実施
2021.11.29
味の素社、「ラブベジ」が「健康寿命をのばそう!」厚労大臣最優秀賞を受賞
2021.11.29

タイアップ企画広告一覧

食品工場のスマートファクトリー化と省力化・自動化
世界のアマニから
世界最大の生産国 アメリカン・チーズを探る
健康・SDGs惣菜にくるみ
ディープラーニング画像検査
プルーンが解決する食の未来
カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉