今日は何の日

11月11日。今日はチーズの日

11月11日はチーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会が制定したチーズの日。日本におけるチーズの元祖は「蘇」と呼ばれるもので、旧暦の10月に作られていた。チーズの日は、旧暦10月が現在の11月ごろに当たることから、覚えやすい11月11日に制定された。

乳肉・油脂 今日のキーワード: チーズ

一人あたりの年間消費量が1グラムだったチーズ

チーズの消費は昭和のはじめまで、大半が外国品でまかなわれた。料理用としてはオランダのエダム、スイスのグリエールチーズを一部の食料品店で切売り していた。洋酒、ビールのつまみとしてはグリエールのプロセスチーズ(6ポーション)が愛用された。ついでカナダのクラフトチーズも輸入されていた。

日本でチーズを生産した記録は、1921(大正10)年に始まる。 当時の国内生産量はわずかに8 tで、輸入44tを合わせても52 tであった。1925から1927年の国内での総消費量は63~68tで、1人当たりに換算すると年間1 gであった。

国内生産量は1930(昭和5)年に19t、1935年に104t、1940年に262tに達した。当時、国内市場にチーズを供給したのは北海道札幌市の出納牧場(アメリカ式酪農を学び、実践した牧場)とトラピスト修道院(北海道渡島当別)であった。また、アメリカ、カナダからチェダーチーズ、オランダからエダム、ゴー ダなどのチーズが輸入された。

1941(昭和16)年、太平洋戦争が始まるとともに、軍需品としてのカゼイン(木製飛行機製作用の接着剤)の生産や練乳、粉乳の増産のためチーズの生産は激減した。敗戦の年の1945(昭和20)年は87tにまで生産が落ち込んだ。 それから10年後の1955年には 1,209tと急激に生産が回復し、 日本の食生活になじみにくかったチーズも徐々に取り入れられていったことがうかがえる

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:林 弘通 ))

プラゴミ削減へ、竹製ストローの有料化を試験導入 千葉大の学生団体
16:58
大塚食品、映画のお供に「ゼロミートハンバーガー」 高まる健康意識に新提案
14:20
日本地理的表示協議会が発足 官民でGI普及へ、加工食品の拡大も期待
13:20
日本飲食団体連合会が設立 「強い業界団体が必要」
12:00
22年のビール市場 糖質ゼロ、2社の競争激化 サントリーが一足先に業務用で
11:04

タイアップ企画広告一覧

サステナブル・シーフード
新しい資金調達の選択肢 電子請求書早払い
食の安全を守る微生物検査のポイント
食品工場のスマートファクトリー化と省力化・自動化
世界のアマニから
世界最大の生産国 アメリカン・チーズを探る
健康・SDGs惣菜にくるみ
ディープラーニング画像検査
プルーンが解決する食の未来
カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉