今日は何の日

11月20日。今日はピザの日

11月20日はピザ協議会が制定したピザの日。日付はピザの原型といわれる「ピッツァ・マルゲリータ」の名前の由来となったイタリアのマルゲリータ王妃の誕生日にちなむ。

小麦加工 今日のキーワード: ピザ

日本で生まれたマヨネーズピザ

いまや数多くの宅配ピザ店で人気定番となっている「ポテトとマヨネーズを使ったピザ」。この、まだ歴史の浅い新種ピザは、(株)フォーシーズが手掛ける「ピザーラ」の「モントレー」が発祥だという。ピザの既成概念を見事に打ち壊した「モントレー」の誕生には、どのようなドラマがあったのだろうか。

ピザにマヨネーズをトッピングした「店ピザ」がヒント

それは 1987年にピザーラ1号店がオープンした後、まだ 10店舗ほどの規模で展開していたころの話である。 そのころピザーラでは、スタッフの賄い食として「店ピザ」を作ることが認められており、スタッフは好みの素材をトッピングして思い思いのピザを作っていた。 当時、スーパーバイザーとして各店舗を 巡回していた浅野秀則社長は、その「店ピザ」には必ず、コーン、オニオン、ツナ、マヨネーズがトッピングされていることに気付いた。 その店ピザをヒントに商品化したのが 「スタッフス」(M1,890円/L2,835 円)だ。「ピザにマヨネーズ、意外においしい」と、一躍人気メニューとなり、「ピザにマヨネーズがマッチする」ということを同業他社に知らしめる結果となった。 スタッフスの好評を得て、「マヨネーズが合うならばツナの代わりにポテトサラダを使ってみてはどうだろう」というアイデアが生まれた。しかし、ただポテトサラダをのせるだけではパンチがない。「ならばポテトサラダにはハムが入っているので、代わりにショルダーベーコンを入れてみよう」とし、試行錯誤の結果、ポテト、マヨネーズ、ショルダーベーコン、コーン、オニオン、ピーマン、ブラックペッパーというトッピングが決まった。

(日本食糧新聞社『近代外食史を刻む!ロングセラー料理のルーツ』より)

ニチレイ第1四半期 水産・業務用でコロナ悪影響 営業益14%増と大幅伸長
14:01
BugMo、“こおろぎだしパック”8月中旬発売 オンライン料理イベントも開催
11:50
キリンビール、「カロリミット」と初コラボ ノンアルチューハイ発売
11:22
はくばくと北杜市、「食と健康」核に地域活性化で包括連携
10:40
次亜塩素酸化学工業会が設立 正しい普及・啓発へ
10:24

インターネッ販売促進事業

タイアップ企画広告一覧

ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル