今日は何の日

11月19日。今日は熟カレーの日

毎月19日は江崎グリコ株式会社が制定した熟カレーの日。19を「じゅく」と読ませる語呂合わせのほか、毎月20日前後にカレールゥがよく売れることに由来する。カレーライスは経済的であることから給料前によく食べられるという。

調味 今日のキーワード: カレー

そっぷ、おむれつ、しちゅう、かつれつ、びすてき、らいすかれい、さらざ其外お好みしだい

『東京流行細見記』によれば日本には1877(明治10)年頃、京都、大阪にも西洋料理屋が2軒できていてそのメニューに「そっぷ(スープ)、おむれつ、しちゅう、かつれつ、びすてき、らいすかれい、さらざ其外お好みしだい。」と記されているところをみると、カレーは1872(明治5)年頃には日本に入ってきていたのではないかと推定される。その後鹿鳴館時代に一定程度広まり、かなりの人々に知れわたっていたと思われる。この時代は歴史が示す通り、あらゆる西欧文明をとり入れようとして、和服を洋服に、日本間を洋間に変えること、はなはだしくは西欧人との結婚を奨励した時代である。当時のことながらその食生活においても、和食を洋食にという動きが著しく強かったのである。このような時流を背景に、カレー粉が急速に浸透して いったのは想像に難くない。しかしこれは一般庶民というより上流社会に対してのみであったろう。 そして今日的にいえば、このカレー粉は家庭用ではなく主に業務用として扱われ、専門の調理人の手によりカレーライスとして調理され、西洋料理屋もしくは洋食屋とよばれる店でカツレツと並んで洋食の代表的メニューとなっていた。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:エスビー食品株式会社))

伊勢惣、「発酵あんこ」に注目 第4の麹ブームを
2021.03.05
明治、「TANPACT(タンパクト)」のラインアップ強化 企業間連携も
2021.03.05
ダイドーGHD、21年1月期は鬼滅コラボ効果 国内販売回復傾向、利益でも貢献
2021.03.05
キリンビバレッジ、「午後の紅茶」35周年 感謝とともに「幸せなときめき」提供…
2021.03.05
ネスレ日本、「キットカット」で継続イノベーション創出 全粒粉使用商品を発売
2021.03.05

インターネッ販売促進事業

タイアップ企画広告一覧

農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉