缶詰・瓶詰・レトルト食品特集

缶詰・瓶詰・レトルト食品特集:レトルト=カレー、好調を持続

びん・缶詰 2019.09.23 11945号 11面

●18年生産量は前年超え

日本缶詰びん詰レトルト食品協会の国内生産数量統計によると、18年(1~12月)のレトルト食品内容重量は前年比1.3%増の37万9521tと伸長した。内訳をみると、主力となるカレーが同3.5%増16万1711tと伸長した。またシチュー、マーボー豆腐の素、食肉野菜混合煮の3種が2桁増と大きく伸長した。また、料理用調味ソースが前年を上回って推移している。他の品目は前年を下回ったものの、ボリュームの大きいカレーが伸長したことで全体を押し上げた。

好調が続くレトルトカレー市場はこの5月までの1年間でも、前年比2.6%増とその勢いを持続している。レトルトカレーでは複数パックの市場はやや落ち着きつつあるが、市場は前年を上回って推移している。最近のレトルトカレー市場を押し上げているのは、いわゆる名店系の商品群だ。エスビー食品の「神田カレーグランプリ」シリーズやハウス食品の「選ばれし名店」シリーズは、人気店の味を気軽に自宅で楽しめる商品として人気を集めている。またこの人気には、レトルト技術の向上が一翼を担っている。近年のレトルトカレーは各社の長年のたゆまぬ企業努力が市場拡大につながっている。

レトルトは味覚の向上だけでなく、保存性の高さから近年、活躍の場を広げている。今後はカレーだけでなく、他の領域での成長が鍵となる。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 缶詰・瓶詰・レトルト食品特集

    缶詰・瓶詰・レトルト食品特集

    びん・缶詰

     缶詰・瓶詰・レトルト食品は、高い保存性と簡便性、即食性を兼ね揃えるカテゴリーとして食品産業全般で重要な役割を担っている。今年も九州北部の大雨による物流網の寸断、関東地方の台風15号直撃による千葉県内での大規模停電・断水 […]

    詳細 >