缶詰・瓶詰・レトルト食品特集

缶詰・瓶詰・レトルト食品特集:大塚食品 100年ブランドを目指す

びん・缶詰 2019.09.23 11945号 13面

 大塚食品が展開する世界初のレトルト食品「ボンカレー」ブランドは、時代のニーズに合わせた進化を遂げてきた。上期は堅調に推移し、昨年の50周年のアニバーサリーイヤーを経て、裾野が拡大している。「常温で保存料を使用しないのに、長期保存が可能」というレトルト食品の画期的な技術や50年も前から、安全・安心を追求してきた本質的な価値を訴求し、さらに時代のニーズに合わせた進化を遂げ、100年ブランドを目指す。  「ボンカレー」ブランドは「保存料を使用しないのに、常温で長期保存が可能」「使

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 缶詰・瓶詰・レトルト食品特集

    缶詰・瓶詰・レトルト食品特集

    びん・缶詰

     缶詰・瓶詰・レトルト食品は、高い保存性と簡便性、即食性を兼ね揃えるカテゴリーとして食品産業全般で重要な役割を担っている。今年も九州北部の大雨による物流網の寸断、関東地方の台風15号直撃による千葉県内での大規模停電・断水 […]

    詳細 >