今日は何の日

11月30日。今日は本みりんの日

11月30日は全国味淋協会の「本みりんの日」事務局が制定した本みりんの日。日付は語呂合わせと、本みりんが鍋物などに使われるため需要が高まる時期であることに由来する。

調味 今日のキーワード: みりん

すぐれた調味料、みりん

みりんは、調味料としてすぐれた特性(テリややわらかい甘味をつける)をもつため昔から利用されている。みりんは発酵工程がないため、このみりん風調味料のなかにはアルコール分1%以下(酒ではない)の製品がある。この製品では保存性と糖分効果をだすため、グルコースのほかマルトース、マルトト リオースなど各種の糖類を含むでん粉分解物を50%前後含有するものが多い。原材料の一例として、水あめ、米、米麹、糖みつ類、醸造酢、酸味料が記されている。

一方、発酵工程をとり、多糖のみりんタイプの製品も多い。 これは加塩下で、米、米麹、でん粉質を糖化し、発酵させ、さらに補糖(20~50%)して、熟 成工程をとって、香気成分を生成させて製品としている

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:秋山裕一 ))

プラゴミ削減へ、竹製ストローの有料化を試験導入 千葉大の学生団体
16:58
大塚食品、映画のお供に「ゼロミートハンバーガー」 高まる健康意識に新提案
14:20
日本地理的表示協議会が発足 官民でGI普及へ、加工食品の拡大も期待
13:20
日本飲食団体連合会が設立 「強い業界団体が必要」
12:00
22年のビール市場 糖質ゼロ、2社の競争激化 サントリーが一足先に業務用で
11:04

タイアップ企画広告一覧

サステナブル・シーフード
新しい資金調達の選択肢 電子請求書早払い
食の安全を守る微生物検査のポイント
食品工場のスマートファクトリー化と省力化・自動化
世界のアマニから
世界最大の生産国 アメリカン・チーズを探る
健康・SDGs惣菜にくるみ
ディープラーニング画像検査
プルーンが解決する食の未来
カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉