今日は何の日

1月16日。今日は禁酒の日

1月16日は禁酒の日。1920年1月16日にアメリカで禁酒法が施行されたことに由来する。禁酒法は敬虔なキリスト教徒の活動によって始まったが、アルコールがギャングの資金源などになったことにより反発を受け1933年に廃止された。

酒類 今日のキーワード: ウイスキー

禁酒法の時代に生産量を伸ばしたカナダのウイスキー

アメリカンウイスキーはスコットランドやアイルランドからの移民が、土地に産する穀類から蒸溜酒を作ったことが始まり。初めはライ麦が主要な原料とな った。1775年に始まった独立戦争後にはウイスキーに重税がかけられ、暴動(ウイスキー反乱)が起きた。蒸溜業者や農民はケンタッキーに逃れ、そこでトウモロコシを原料にウイスキーを製造した。このウイスキーの品質が高く、郡の名前を冠してバーボンウイスキーとして知られるようになった。

1920年代の禁酒法時代などの変遷を経ながらウイスキーの需要は増大し、バーボンは代表的なウイスキーの一つとなっている。

カナダのウイスキー生産は17 世紀半ば過ぎに始まり、19世紀に発達した。1850年にはオンタリオ周辺で約200の蒸溜所があっ た。1920年から施行された禁酒法時代、アメリカへのウイスキー供給により拡大し、禁酒法廃止後も、アメリカ市場に広く浸透した。蒸溜所は2003年には22カ所となっている。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:東京農業大学 徳岡昌文))

ライフの商品戦略、価格以外で独自性 健康・高質提案にチャレンジ
10:00
緊急事態宣言延長 生団連会長、協力表明も説明求める
09:25
消費者庁、「総合栄養食品」申請要件を緩和へ
2021.03.04
JFOODO、日本茶を米ミレニアム層に ECサイト開設で拡販支援
2021.03.04
コカ・コーラシステム、プラ循環型社会の実現へ 「リサイクルしてね」ロゴ導入
2021.03.04

インターネッ販売促進事業

タイアップ企画広告一覧

農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉