日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 菓子

    新CMキャラクターの黒木華

    ロッテ、「シャルロッテ」新商品・CM発表会 ぜいたく消費を実現(2017.10.11)

     ロッテは1日、チョコレートブランド「シャルロッテ」の新商品・新CMの発表会を東京都内で開催した。マーケティング統括部ブランド戦略部チョコ・ビス企画室の塚原礼惠氏は、同ブランドリニューアルについて、「働く女性の日常的なぜいたく消費をか…

  • 乳肉・油脂

    新発売の明治プロカルヨーグルト

    明治、「プロカル」2品上市 スマイルリレー始動も(2017.10.11)

     明治は9月25日、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャル商品「明治プロカルヨーグルト」(80g×3、税別180円)「明治プロカルプリン」(70g×3、同)を発売した。同商品は小学生の成長に欠かせないタンパク質…

  • 菓子

    日清シスコ、「サブレの時間」提案 「ココナッツサブレ」限定パッケージで(2017.10.11)

     日清シスコは、「三時のおやつ」に新提案を行う。おやつの時間を午後3時に固定せず、3時20分を「サブレ(3:20)の時間」として「ココナッツサブレ」を楽しんでもらいたとの思いを込めた期間限定「ココナッツサブレ3:20 パッケージ」(写…

  • 小売

    11月に改装オープンする松坂屋上野店。後方は上野フロンティアタワー

    大手百貨店、16~17年度10店閉鎖 既存店改装で収益改善急ぐ(2017.10.11)

     三越伊勢丹は、伊勢丹松戸店を18年3月に閉店する。今年3月閉店の三越千葉店、三越多摩センター店に続く不採算店閉鎖だ。そごう・西武も17年度に2店を閉店、2店を譲渡する。16年度・17年度で大手百貨店合計で10店が閉店する。一方で既存…

  • 小売

    ウォーリー・ボッケル氏

    西友、アンガスビーフに集客力 品揃えを強化(2017.10.11)

     西友は、米国産冷蔵牛肉のアンガスビーフが精肉売場全体の売上げを底上げするにとどまらず、同社店舗へ新規顧客を集める原動力となっている。同社が低価格で販売するアンガスビーフを目当てに新たに訪れる顧客が加工食品、日用品なども購買、売上げの…

  • 小売

    ミニストップ、11月に大型「シスカ」開店 ミニストップ店を転換(2017.10.11)

     ミニストップは、11月1日に「ミニストップグラントウキョウノースタワー店」(東京都千代田区丸の内1-9-1グラントウキョウノースタワー内17階)を新業態「シスカ(cisca)」に転換オープンする。標準型ミニストップとカフェ、インスト…

  • 小売

    Eストアー、ECサイト支援で販促システム提供 顧客関係の構築へ(2017.10.11)

     電子商取引(EC)サイト構築と同サイトによる通信販売を支援するEストアーは、ECサイトでの通信販売で顧客と一対一の関係構築を促進する販売促進メールマーケティングシステム「Eストアークエリ-」(https://estore.co.jp…

  • 小売

    ローソン、健康志向PB拡充 低糖質・低カロリー7品(2017.10.11)

     ローソンは、食物繊維、ビタミンCを加え糖質を抑えた茶飲料・ゼリー飲料、低カロリーの調理麺、合計4品を3日に新発売した。9月下旬には糖質を抑えた冷凍食品3品を投入している。

     ナチュラルローソン(NL)ブランドの「おぎなう…

  • 小売

    米国流通業界リポート(2017.10.11)

     ■大手食品企業 経験豊富なCEO続々退任

     16年5月、マーク・スマッカーは、15年間、ファミリーが経営するスマッカー(ジャムやゼリーのメーカー)のCEOであった伯父の跡を継いだ。その年の10月にホーメル、12月にタイソ…

  • 調味

    味の素社が国内再編 生産性倍増へ集約 調味料・加食の製造・包装(2017.10.06)

     味の素社は、2017-2019中期経営計画の重点戦略となる同社国内食品事業のバリューチェーン再編計画に基づき、同社事業所の一部、子会社のクノール食品と味の素パッケージングの調味料・加工食品の製造・包装を集約・再編する。情報通信・自動…

  • 酒類

    代野照幸社長

    メルシャン、価値競争へ転換図る 低価格化から脱却急ぐ(2017.10.06)

     ワイン最大手のメルシャンは、価格から価値競争への転換を図る。日本ワインの旗艦ブランド「シャトー・メルシャン」の投資を加速させ、1000円台の輸入ワインの販売を強化する方針だ。代野照幸社長は9月29日の会見で、「低価格のチリワインに消…

  • 農産加工

    「今年は色味も良く、品質の高いごまができた」と高根沢胡麻生産組合の斎藤勇次組合長

    波里、栃木県で金ごま生産 栽培面積、昨年の4倍(2017.10.06)

     波里は、栃木県で生産された金ごまの販売を始めた。主に子会社の金ごま本舗を通じて、全国の百貨店、道の駅などで取り扱われる。現在はいりごまのみの販売だが、今後の生産量によっては県内産ごまを使ったごま油、ごまドレッシングなどの商品化も構想…

  • 菓子

    インアゴーラ、中国向け越境ECで「フルグラ」販売開始(2017.10.06)

     中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラは、カルビーが展開する北海道産「フルグラ」(写真)を「豌豆公主」で12日から販売を開始する。

     「フルグラ」は、中国人観光客に人気…

  • 酒類

    アサヒビール、18年3月からビール類値上げ(2017.10.06)

     アサヒビールは18年3月1日から出荷するビール類やリキュール、焼酎を値上げする。瓶や料飲店向けの樽が対象で、大瓶では小売価格で10%前後の値上げを見込む。物流費高騰や空容器の回収コスト増などが影響した。

     今回の値上げで…

  • 菓子

    森永製菓、朝食シーンを開拓 代替にビスケット提案(2017.10.06)

     森永製菓は、ビスケットで「朝食シーン」の開拓に挑戦する。時間がない朝に、手軽に食べられ、食器の後片付けの必要がない、朝食代替ビスケット「麦のちからビスケット」3日発売し、朝食シーンに向け「朝ビス」を提案する。「朝ビス」とは、朝に時間…

  • 菓子

    上野砂糖、「焚黒糖」成形タイプに 独自製法で新食感(2017.10.06)

     【関西】黒糖専業の上野砂糖は、独自ブレンド技術で黒糖と原料糖を溶かして作る加工黒糖を「上野焚黒糖」ブランドで展開している。今回、主力の固形(ブロック)タイプを、食べやすい食感・大きさが特徴の成形タイプ(写真)に切り替え1日、新発売し…

  • 調味

    佐竹良昭エスビー食品中央研究所長(右)と礒田博子筑波大学教授

    エスビー食品、スパイスとハーブの健康機能性解明へ 筑波大と産学共同研究(2017.10.06)

     エスビー食品と筑波大学は9月28日、スパイスとハーブが持つ健康機能性を科学的に解明することを目的に共同研究を開始したことを筑波大学で発表した。筑波大学は北アフリカ研究センターが中心となって推進する「地中海食薬資源研究」で900種を超…

  • その他

    日本公庫、「高校生ビジネスプラン・グランプリ」エントリー高校が過去最多件数に(2017.10.06)

     日本政策金融公庫(日本公庫)が主催する第5回「創造力、無限大∞ 高校生ビジネスプラン・グランプリ」へのエントリー高校数・件数がともに過去最多となったことが9月29日、分かった。今回は385校3247件が応募。エントリー高校は、10月…

  • 惣菜・中食

    日本惣菜協会、惣菜管理士の受講申し込み過去最高に(2017.10.06)

     日本惣菜協会(日惣協)は9月29日、惣菜管理士養成研修の受講申し込みが、過去最高の3745人となったことを発表。新規取組み企業も32社約120人が加わり、食品業界で人材育成の重要性が高まっていることがうかがえる。制度開始から25周年…

  • その他

    日本公庫東大阪支店、松屋に2500万円融資 パン店舗開設資金(2017.10.06)

     【関西】日本政策金融公庫(日本公庫)東大阪支店中小企業事業は9月29日、パン製造業「松屋」(大阪府東大阪市)に、資本性ローン(挑戦支援資本強化特例制度)を適用し、2500万円を融資した。

     同社は、1958年設立。これま…