学校給食特集

学校給食特集:ポストコロナの「日常」 給食施設のドライシステム化も

外食 2021.03.26 12205号 06面

 文部科学省は21年度予算で、義務教育諸学校でのドライシステムに対応した学校給食施設の新増築または改築事業において交付金で支援する学校給食施設整備事業(学校施設環境改善交付金)を計画した。
 令和時代の学校施設のスタンダードを掲げ、ポストコロナの「新たな日常」の実現に向けて、学校でも感染症対策と児童・生徒の健やかな学びの保障を両立していくことが必要として、空調設備(教室、給食施設)、給食施設のドライシステム化を推進する。
 ドラ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 学校給食特集

    学校給食特集

    外食

     日本の学校給食は3万0092校、925万2027人の児童・生徒が年間約190回、延べ食数は約17億5805万食、保護者が負担する学校給食費(食材費)の月額は小学校平均4343円、中学校平均4914円で、食材費市場は49 […]

    詳細 >