学校給食特集

学校給食特集:学校給食実施基準を一部改正 「生きた教材」色濃く

外食 2021.03.26 12205号 06面

 文部科学省は、2021年2月12日付で学校給食実施基準を一部改正した。改正のポイントは「地産地消」はもちろんのこと、「生きた教材」としての側面をより色濃く表した。新たに加えられた全文と1人1回当たりの学校給食摂取基準は次のようになっている。
 新たに加えられたのは「学校給食の食事内容の充実等について」の部分で、「学校給食に地場産物を使用し、食に関する指導の『生きた教材』として使用することは、児童・生徒に地域の自然、文化、産業等に関する理解や生産者の努

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 学校給食特集

    学校給食特集

    外食

     日本の学校給食は3万0092校、925万2027人の児童・生徒が年間約190回、延べ食数は約17億5805万食、保護者が負担する学校給食費(食材費)の月額は小学校平均4343円、中学校平均4914円で、食材費市場は49 […]

    詳細 >