冬季東北流通特集

冬季東北流通特集:10月SM販売 国内消費は低迷続く

小売 2019.12.09 11982号 06面

 10月は駆け込み需要の反動があった非食品、一般食品でマイナス。相場が安値で推移した青果・サンマの記録的不漁の影響を受けた水産も低迷した。  キャッシュレスポイント還元制度などの負担軽減策に加え、台風接近に伴う買いだめ需要が加わり、消費税率引き上げによるスーパーマーケットへの影響が見えにくい状況となっている。国内需要は低迷が続くと予想される中、軽減税率制度の消費者への周知や内食の喚起などによるスーパーマーケット独自の食品への購買意欲活性化策が重要となるだろう。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 冬季東北流通特集

    小売

     ●価格競争も過熱、デフレ再燃を懸念  クリスマス、年末年始といった年間最大の商戦を目前に、東北小売業界も総力戦で臨もうとしている。ハレの場に品揃えの豊富さと安さを訴えるのが例年のこと。しかし今年は10月1日からの消費増 […]

    詳細 >