昆布茶特集

昆布茶特集:加工用=スナック菓子、米菓で反響

飲料 2020.10.07 12128号 08面

 加工食品の味付け(本紙では昆布茶の「加工用」と定義、一部惣菜向けも含める)としての昆布茶需要は、優れた味覚やうまみをベースに、特にスナック菓子や米菓などで反響を得ている。

 菓子向けではポップコーンや米菓、ポテトチップスなどで「昆布茶味(梅昆布茶味)」が定期的に商品化。指名買いのファンも多く、小売からの支持も高い。有力ブランドの期間限定品に採用されることが多く、話題喚起や若者層など裾野拡大にも機能している。

 消費層の掘り起こしに重要な機能を果たしている加工用だが、20年も引き続き一定の規模を確保。惣菜・弁当分野でも昆布茶を調味料として活用する場面が多く、最終市場のレベルアップに一役買っている。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 昆布茶特集

    昆布茶特集

    飲料

     日本独自の嗜好(しこう)品であり、屈指の伝統産業でもある昆布茶市場が需要期を迎えている。「最古のインスタント飲料」として古くから親しまれている同市場だが、近年では料理向け需要の拡大に伴い、消費構造が大きく変化。安定市場 […]

    詳細 >