長野・山梨地区新春特集

長野・山梨地区新春特集:信州そば=和食拡大追い風に世界へ

小麦加工 2020.01.13 11996号 13面
「信州そば」を代表する長野市・戸隠地区の「戸隠そば」。5~7つに分けて盛る「ぼっち盛り」が特徴

「信州そば」を代表する長野市・戸隠地区の「戸隠そば」。5~7つに分けて盛る「ぼっち盛り」が特徴

 そばの一大ブランド「信州そば」。観光需要も大きい外食はもちろん、麺製品も長野県をけん引する。明治期に長野市で誕生した乾麺の乾そばは、長野県の製造量が全国トップ。メーカーら業界を挙げた品質向上の取組みで、訴求力を高めながらシェアを築いてきた。  ただ、冷凍・チルド麺や進化が著しいインスタント麺といった簡便性と高いグレード感を併せ持つ製品の拡大など、麺製品の多様化・進化に対する遅れも顕在化し、需要基盤が揺らいでいる。ブランドの形骸化も懸念される中、業界は世界で広がる「和食」の市

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 長野・山梨地区新春特集

    長野・山梨地区新春特集

    総合

     令和初の正月を迎え、2020年の幕が開けた長野・山梨県の食品業界。加速する人口減少や高齢化、人手不足、コスト圧迫、流通再編など、難題が山積する新たな時代に踏み出した。  19年は、改元から消費税の引き上げ、両県などを襲 […]

    詳細 >