こうや豆腐特集

こうや豆腐特集:信濃雪 家庭用、国産大豆商品など拡充

農産加工 2021.06.07 12240号 05面

 業務用関連への売上げ比率が高い信濃雪は「コロナ禍で人の動きや働き方が変化した」(木下龍夫社長)中で、家庭用商品の充実を目指す。家庭用カテゴリーは「比較的、高価格帯の国産大豆物が伸びている」ことから、販売数量は減っているものの、売上高は横ばいを維持している。
 「食の洋風化が進む中で、機能性や簡便性など、こうや豆腐の優位性をどう価値として再構築し、消費者に発信できるかが鍵」とする。(西澤貴寛)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • こうや豆腐特集

    こうや豆腐特集

    農産加工

     約800年の歴史を持つ伝統的な乾物食品、こうや豆腐。高タンパクで低脂質な特性、豊富に含むレジスタントタンパク質がもたらす健康機能性などが市場認知度を高め、新たなユーザー層を開拓している。いまだ収束が見通せない新型コロナ […]

    詳細 >