加工ごま特集

加工ごま特集:豊年屋 苦境下も新規開拓で接点づくり

農産加工 2021.07.26 12266号 07面

 地元・長野県産や国産のごまを使った製品展開に力を入れる豊年屋。業務用関連は長引くコロナ禍の打撃で厳しい業況のままだが、地元飲食店チェーンの新規採用を獲得するなど、市場開拓も進む。
 「積極的な営業活動が難しい中で、多彩な用途から幅広い取引先のネットワークを持つ加工ごまの強みが生き、客から客への紹介、銀行を介した新規提案などが増えている。こうした接点づくりをあらためて進め、コロナ後への態勢を整えたい」(高橋卓哉社長)
 国産の需

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 加工ごま特集

    加工ごま特集

    農産加工

     加工ごま市場は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食向けなどの業務用需要が著しく減少したが、家庭内調理の増加で定番商品の回転や付加価値商品の好調に支えられた。健康的な食生活を意識する人が増えたことから、昨年は春先以降 […]

    詳細 >