みりん類・料理酒特集

みりん類・料理酒特集:千代の園酒造 料理用途にも広がる「赤酒」

調味 2020.02.07 12010号 09面

 ●メニュー提案に注力
 【九州】古くから熊本に伝わる「赤酒」。これを取り扱うのが千代の園酒造だ。飲用の赤酒は徐々に県外で認知され始めたが、まだ熊本県内がほとんど。そんな中、関西、関東の料理人に使われる機会が増えたため、料理用は特に広がりが目立つという。具体的な活用事例として、「他の料理酒、みりんとの使い分け」を挙げる。赤酒の大きな特徴は、肉や魚の身を軟らかく仕上げる点。このため、料理の食感を調整する役割を果たせるとしている。飲食店では、和食はもちろん

  • みりん類・料理酒特集

    みりん類・料理酒特集

    調味

     基礎調味料のカテゴリーである「みりん類・料理酒」。国内では少子高齢化、人口減少が進むとともに、共働き世帯が増加する中で、家庭では簡便性に優れたメニューが人気を集めており、みりん類・料理酒をめぐっては大幅な需要増を見込む […]

    詳細 >