凍結乾燥食品特集

凍結乾燥食品特集:棚面積 前年並みで推移

総合 2021.11.29 12330号 10面

 日本凍結乾燥食品工業会・会員企業の真空凍結乾燥機の20年度の棚面積は、前年比0.1%減の1万3936平方mとなった。棚面積は、16年度まで6年連続して拡大してきたが、16年以降は3年連続で前年並みだった。19年度は4年ぶりに増加し、20年度はほぼ前年並みとなった。
 日本凍結乾燥食品工業会による20年度のFD製品の国内生産量を見ると、素材製品群が若干の増加となり、味噌汁などの成型食品群が順調に拡大を続けている。20年度の成型食品類は前年度に減少した反

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 凍結乾燥食品特集

    総合

     凍結乾燥(以下FD)食品の20年度品目別生産量は素材製品、成型食品ともに前年を上回って推移。これまで素材製品は全体として減少基調が続いていたが、20年度は前年比6.0%増と反転。成型食品は昨年に前年を下回ったが20年度 […]

    詳細 >