6月CVS売上高、4ヵ月連続でプラス

小売 統計・分析 2021.08.04 12271号 06面

 日本フランチャイズチェーン協会(JFA)の21年6月度のCVS(コンビニエンスストア)統計によれば、既存店売上高は前年比0.8%増と4ヵ月連続でプラスを確保した。前年の緊急事態宣言解除後も外出自粛や在宅勤務が続いた反動で、客数が前年を上回ったほか、客単価もプラスで売上げを押し上げた。
 商品カテゴリーではカウンター商材、サラダ、酒類、冷凍食品などが好調に推移した。
 各チェーンの既存店はセブンイレブンが0.3%減、ファミリーマ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら