日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ビジネスフォーカス:ナリコマグループ 独自ノウハウで高成長 高齢者施設特化給食の草分け

外食 2019.03.22 11852号 09面

竹内美夫社長

 【関西】高齢者給食特化型給食事業を営むナリコマグループ。高齢者施設内調理が民間受託型給食へと変化を始めた約30年前から、高齢者に3度の食を毎日提供してきた。自社セントラルキッチン(CK)ではクックチル調理法もいち早く取り入れ、独自ノウハウで高品質で安全・安心なおいしい家庭の味の常食、ソフト食、ミキサー食、ゼリー食の4形態を提供。19年5月期業績は売上高280億円超(約15%増)を見込み、北九州市と神戸市に新CK建設も計画する竹内美夫代表取締役社長に話を聞いた。(深瀬雅代)

 ...続きを読む

  • 外食

    竹内美夫社長

    ビジネスフォーカス:ナリコマグループ 独自ノウハウで高成長 高齢者施設特化給食の草分け(2019.03.22)

     【関西】高齢者給食特化型給食事業を営むナリコマグループ。高齢者施設内調理が民間受託型給食へと変化を始めた約30年前から、高齢者に3度の食を毎日提供してきた。自社セントラルキッチン(CK)ではクックチル調理法もいち早く取り入れ、独自ノ…

  • その他

    江崎グリコ「老後と健康に関する意識調査」 「生活資金の不足」「体の健康面」が圧倒的(2019.03.20)

     江崎グリコは、20~60代の男女600人を対象に「老後と健康に関する意識調査」を実施し、このほど結果を公表した。調査では、「人生100年時代に向けた老後の健康意識」や「老後にかかる医療費の認識」などについて聞いたところ、老後の生活で…

  • その他

    残る優越的地位の乱用 フード連合調べ(2019.03.18)

     日本食品関連産業労働組合総連合会(フード連合)は13日、昨年8月から9月に実施した「取引慣行に関する実態調査」結果を公表、無償で労務提供を要求された営業担当者は依然4割に及び、優越的地位の乱用を禁じた独占禁止法が順守されていない実態…

  • その他

    1月家計調査 消費支出は2%増(2019.03.15)

     総務省が発表した1月の家計調査(全国・2人以上の世帯)によると、1世帯当たりの消費支出は29万6345円となり、物価変動の影響を除いた実質で前年同月比2%増加した。2ヵ月連続の増加だった。

     惣菜・外食などを含む食料品へ…

  • 小売

    1月商業動態、CVSとDgSが伸びる(2019.03.13)

     経済産業省が発表した商業動態統計月報(速報)によると、19年1月の百貨店とスーパーを合わせた大型小売店の売上高は、1兆6322億円、全店ベースで前年比3.0%減、既存店ベースで3.3%減と4ヵ月連続の前年割れとなった。

  • その他

    日食笑味川柳(2019.03.13)

     ・弥生春 苺大福 買い求め

     ・未だなお 復興途上 八年目

     ・止むを得ず 値上げ発表 次々と

     ・花粉症 あの娘もともと 団子鼻

     ・コンビニの 営業時間 見直しか

     ・…

  • 農産加工

    増える東北の新規就農者数 東北農政局発表(2019.03.13)

     【東北】東北農政局は2017年度の東北6県新規就農者数をまとめ6日発表した。それによると、近年の農業への関心の高まりを反映し、17年度も1450人(前年比2.9%増)増えた。

     就農区分別にみると「雇用就農」が最も多く、…

  • 飲料

    ひと:ポッカサッポロフード&ビバレッジ営業本部東北支社・荒木康生支社長(2019.03.13)

     ●東北の力に「伊達おいしい麦茶」発売 9月仙台工場稼働

     【東北】東日本大震災から9年目を迎えた。ポッカサッポロフード&ビバレッジ営業本部東北支社の荒木康生支社長は、震災翌年の2012年4月に盛岡営業所へ所長として赴任し…

  • 小売

    全国生協、強みの宅配 若年利用が課題 日本生協連調べ(2019.03.11)

     日本生活協同組合連合会は6日、生協の組合員と一般消費者を対象にした「2018全国生協組合員意識調査」の分析結果を公表、「女性の働き方とくらしの変化」としてまとめた。一般消費者の調査では、生協が強みを発揮している宅配について「加入手続…

  • その他

    食品業界の労働時間満足度 口コミ評価1位は味の素社(2019.03.11)

     食品業界の労働時間の満足度が高い企業ランキングで味の素社が1位で、2位は明治、3位はネスレ日本だった。順番は企業口コミ情報サイト「キャリコネ」が食品企業をピックアップし、同サイトのユーザーが評価した平均値の高い順で決めた。

    <…
  • 小売

    1月CVS売上高、客数減も客単価増でカバー(2019.03.06)

     日本フランチャイズチェーン協会(=JFA)の19年1月度CVS(コンビニエンスストア)統計によれば、既存店売上伸び率は前年比0.8%増と3ヵ月連続で前年を上回った。既存店客数は1.0%減と3ヵ月連続で下落したが、客単価の1.7%増で…

  • 小売

    1月全国SC売上高、年始・インバウンド伸び悩む(2019.03.06)

     日本ショッピングセンター協会によると、1月の調査対象497施設の売上高は0.6%減だった。年始セールやインバウンド売上げが伸び悩んだほか、衣料品の不振が影響している。12月のプレセールが需要を先食いしたとの指摘もある。

  • 小売

    1月全国百貨店売上高、3ヵ月連続しての前年割れ(2019.03.06)

     日本百貨店協会がまとめた19年1月の全国百貨店の食品売上高は1161億2043万円、店舗調整後で前年比1.2%減と3ヵ月連続で前年を下回った。

     菓子が4ヵ月ぶりに下落に転じるなど食品の全部門が前年割れだったため。東京地…

  • 小売

    1月GMS、SMの食品売上高、ホット商材苦戦で下落(2019.03.06)

     1月の総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)の、既存店ベースの食品売上高は前年を下回った。

     日本チェーンストア協会(JCA)統計による食品の既存店売上高は前年比3.8%減。日本スーパーマーケット協会(JSA)、オ…

  • その他

    10月消費増税で7割が駆け込み消費 電通調べ(2019.03.01)

     10月の消費増税に向けて、消費者の約7割が駆け込み消費を行い、4割が数ヵ月分のまとめ買いをする--。電通が公表した「全国1万人意識調査」で、消費増税に伴う消費者意識が明らかになった。

     調査は電通マクロミルインサイトが1…

  • その他

    18年学生生活実態調査 収入増え食費持ち直し(2019.03.01)

     自宅生、下宿生とも学生の収入は過去最高となり、その影響で食費もやや持ち直した。全国大学生活協同組合連合会が25日に公表した2018年の学生生活実態調査結果による。大学生協連は、収入が増えたこともあり、食品が栄養摂取、コミュニケーショ…

  • 菓子

    女性の8割「日々ゆったりとした時間求める」 朝食、半数が10分未満 ソントンが調査(2019.03.01)

     ソントンは、紙カップ新シリーズの「ゆるり日和〈黒ごまクリーム〉〈きなこクリーム〉」を1日に発売することに伴い、全国の20~60代女性4000人を対象に、「ゆったりとした時間の過ごし方」に関する調査を行い、8割の女性がゆったりとした時…

  • 菓子

    似たモノ商品徹底比較:ほうじ茶スイーツ 素材との組み合わせ人気(2019.02.27)

     コンセプトやパッケージデザイン、ネーミングなど、似ている商品を取り上げ、それぞれの特徴を解説。さらに消費者の反応も交え、類似商品が出ていることで分かる“話題の商品”を探る。

     ◆類…

  • 小麦加工

    1月即席麺類JAS受検数量 袋・カップ減少(2019.02.25)

     即席麺業界は最後の追い込みのタイミングでややブレーキがかかっている。日本即席食品認定協会が発表した19年1月の即席麺類JAS受検数量は、袋麺が1億0064万食(前年比5.0%減)、カップ麺が2億4276万食(同3.1%減)、ドライタ…

  • その他

    日食笑味川柳(2019.02.25)

     ・店頭に 春の予兆の 蕗の薹

     ・ブーブーと 拡散してる 豚コレラ

     ・手抜きして レンジでチンの メニュー増え

     ・痩せる器具 処分できずに 物干しに

     ・物忘れ 認知症かと 気に掛…