日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

技あり味なカンパニー:フレッシュミートがなは 焼肉店に学び精肉拡販

外食 2017.11.17 11620号 01面

観光客から好評の「あぐー豚の一頭盛り」(税込み8618円)

 ●あぐー豚しゃぶ店開業

 フレッシュミートがなは(沖縄県名護市)は、アグー豚や沖縄県産和牛を得意に扱う精肉店。10年前までは家族経営の小売店だったが、焼肉店の併設をきっかけに業務用販路を拡大。いまや県内全域に商圏を広げ、従業員数は150人、年商は20億円に達する勢いだ。

 急速な右肩成長を指揮してきたのは、社長の長男・我那覇宏生専務取締役(32歳)。先細りの家業を復活させるべく、食肉学校を卒業した22歳の時、自ら負債を背負って焼肉店を増設した。とはいえ当時、精肉販売の得意先は近...続きを読む

  • 外食

    観光客から好評の「あぐー豚の一頭盛り」(税込み8618円)

    技あり味なカンパニー:フレッシュミートがなは 焼肉店に学び精肉拡販(2017.11.17)

     ●あぐー豚しゃぶ店開業

     フレッシュミートがなは(沖縄県名護市)は、アグー豚や沖縄県産和牛を得意に扱う精肉店。10年前までは家族経営の小売店だったが、焼肉店の併設をきっかけに業務用販路を拡大。いまや県内全域に商圏を広げ、…

  • 外食

    外食産業の倒産、17年度上半期は2000年度以降最多 小規模事業者が8割強(2017.11.17)

     17年度上半期(4~9月)の外食関連業者の倒産件数は360件(前年同期比37.9%増)で4年ぶりに増加に転じ、2000年度以降の上半期で最多となった。負債規模では「5000万円未満」の小規模倒産の構成比が81.7%を占め、10年前と…

  • 乳肉・油脂

    約87%が卵好き キユーピー、卵に関する調査結果「たまご白書2017」(2017.11.13)

     ●マイナスイメージ、一定割合で存在

     キユーピーは11月5日の「いいたまごの日」に合わせ、卵に関する調査結果をまとめた「たまご白書2017」を発表した。

     卵に対する認識や食べられ方、トレンドを分析することで…

  • その他

    日食笑味川柳(2017.11.10)

     ・束の間の 秋晴れそして 立冬へ

     ・さあ出番 本領発揮 鍋つゆ類

     ・絶好調 少し上行く プレミアム

     ・ハム食べて 打ってやるぞと 清宮クン

     ・多士済々 五十回記念 功労賞

  • 外食

    11月1日は「すしの日」 一番好きな日本食に Mizkan調べ(2017.11.08)

     11月1日の「全国すしの日」にちなんで、Mizkan Partners広報部は、20~60代を対象にしたインターネット調査を10月に実施。代表的な和食である「すし」について生活者の意識や国内外の最新トレンドメニューを調べ結果をまとめ…

  • その他

    9月の家計調査 食料品支出は1.8%増(2017.11.08)

     総務省が発表した9月の家計調査(全国・2人以上の世帯)によると、1世帯当たりの消費支出は26万8802円となり、前年同期と比べて名目で0.6%増加した。惣菜・外食などを含む食料品への支出は7万5605円(同1.8%増)だった。

  • その他

    中小機構、7~9月期の業況判断DI 3期ぶり低水準(2017.11.01)

     中小企業基盤整備機構(中小機構)が発表した17年7~9月期の中小企業の業況判断DIは、前年比0.5ポイント減の-14.8と3期ぶりの低い水準となった。

     小売業と製造業では天候不順、建設業では人手不足が悪化の要因。天候に…

  • その他

    日食笑味川柳(2017.11.01)

     ・晩秋に 冬伴走し しぐれ降る

     ・温かい 汁粉甘酒 自販機に

     ・かぶりつく 縁起良いよな 富(ふ)有(ゆう)柿(がき)

     ・総選挙 勝って兜の 緒を締めよ

     ・再来年 四月一日 新…

  • 小売

    9月GMS、SMの食品売上高、ほぼ前年並みを確保(2017.11.01)

     9月の総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)の既存店ベースの食品売上高は、ほぼ前年並みを確保した。日本チェーンストア協会(JCA)統計による食品の既存店売上高は0.1%減。日本スーパーマーケット協会(JSA)、オール日本スーパ…

  • 小売

    9月全国百貨店売上高、生鮮が低調で4ヵ月連続減(2017.11.01)

     日本百貨店協会がまとめた17年9月の全国百貨店の食品売上高は1068億2514万円、店舗調整後で前年同月比0.6%減と4ヵ月連続で前年を下回った。惣菜が0.6%増だったが、生鮮食品が2.3%減と苦戦したため。東京地区の食品も2.0%…

  • 小売

    9月全国SC売上高、1.4%増と7ヵ月連続の増加に(2017.11.01)

     日本ショッピングセンター協会によると、9月の既存504施設の売上高は1.4%増と7ヵ月連続で増加した。全国的に平均気温が下回ったため、秋物商品の動きが良かったほか、不振だった店舗の入れ替えなど活性化の効果が表れた。立地別では中心地域…

  • 小売

    9月CVS売上高、0.01%減、ホット商材動く(2017.11.01)

     日本フランチャイズチェーン協会(=JFA)の17年9月度CVS統計は、既存店売上げ伸び率0.01%減とほぼ横ばいだった。例年なら残暑の時期に気温が低下し温かい商材が動いた。客数は19ヵ月連続マイナス、客単価は30ヵ月連続プラスとなっ…

  • 冷凍・チルド

    森工場の外観

    工場訪問:ニチレイフーズ森工場 発祥の地でコロッケ生産 素材生かす技術蓄積(2017.10.27)

     北海道の函館空港から約1時間、噴火湾に面し国定公園駒ヶ岳を一望できる自然豊かな森町に、ニチレイフーズ森工場がある。森町は豚の飼育頭数で道内トップ、トマトの年間出荷額は約6億円、ホタテの産地としても知られる。そこに立つ森工場は、冷凍食…

  • 小売

    パート不足、時給高騰 SM業界3団体が実態調査(2017.10.25)

     食品スーパー(SM)業界3団体が20日に発表した年次統計調査により、パート従業員の不足や賃金上昇の実態があらためて浮き彫りになった。国内チェーン706社を対象とした調査で、回答数は質問項目によって異なる。

     16年度のパ…

  • 外食

    男女問わず人気のラーメン「みどりポルコ」

    ヒットの予兆:麺や!サンポルコ 話題の“緑色”ラーメン ヒット受け新色展開も(2017.10.23)

     “緑色”の豚骨ラーメンが人気を集めている。話題のラーメンを出すのは、大阪府岸和田市にある「麺や!サンポルコ」。

     同店は、昼はまぜそば、夜はラーメンを出しているが、今年6月、豚骨スープにバジルペーストを入れたイタリアンラ…

  • 乳肉・油脂

    なごや探題:雪印メグミルク中部統括支店・八谷謙治統括支店長 支店独自に3つの行動指針策定(2017.10.16)

     ☆…「得意先さまが何か困った時、相談したい時、最初に声をかけていただける企業を目指す」と話すのは、今期から「グループ長期ビジョン2026」が始動した雪印メグミルクの中部統括支店長に就任した八谷謙治氏。名古屋勤務は初めてだが、20年強…

  • 冷凍・チルド

    良く食べる麺「うどん」が1位 キンレイ調査(2017.10.13)

     キンレイは、10月10日の「冷凍めんの日」に合わせて、日本人の麺に対する意識やこだわりを解き明かすべく第1回「国麺調査」を実施し、調査結果第1弾を同社ホームページで発表した。

     この調査は、7月24~30日にインターネッ…

  • その他

    日食笑味川柳(2017.10.13)

     ・紅葉が 色めき立って 秋本番

     ・手をかけて ふっくら甘い 栗ごはん

     ・店頭に ハロウィーンが しゃしゃり出る

     ・早割で おせち料理を 予約中

     ・風雲急 波乱含みの 衆院選

  • 農産加工

    中島洋人社長

    ビジネスフォーカス:東洋ナッツ食品 ナッツをもっと楽しもう(2017.10.13)

     【関西】ヘルシースナックとしてすっかり定着したナッツ類だが、日本の消費量は欧米諸国の半分以下。専業メーカー・東洋ナッツ食品は「ナッツをもっと楽しもう」を掲げ、日本人の食生活に入り込む提案を続けている。同社の恒例行事「アーモンドフェス…

  • その他

    8月家計調査 食料品支出は1.5%増(2017.10.06)

     総務省が発表した8月の家計調査(全国・2人以上の世帯)によると、1世帯当たりの消費支出は28万0320円となり、前年同期と比べて名目で1.4%増加した。惣菜・外食などを含む食料品への支出は8万4048円(同1.5%増)だった。