東海・北陸・静岡流通特集

東海・北陸・静岡流通特集:有力卸の今期戦略=昭和 地域密着で地場品提案

卸・商社 2020.09.24 12119号 09面
臼井成良 専務取締役

臼井成良 専務取締役

 ◇臼井成良専務取締役  ●催事・ギフト取組み継続  昭和の今期は新中期経営計画FOCUSが始まり、1年目としてSearchをスローガンに掲げた。環境変化が激しい中でもう一度足元を見直し、焦点を合わせる。新社長の就任や、催事・ギフト部門が独立してサイジスとして発足するなど組織再編を行った。  柱の水産事業は地域密着で進め、地場商品の提案を強化すると同時に、小売・製造部門との三位一体に磨きをかけ、メーカーポジションで全国に販売していく。日配部門は物流網を生かして、これまで各エリ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東海・北陸・静岡流通特集

    東海・北陸・静岡流通特集

    小売

     小売流通界は、コロナ禍において業態別に明暗が分かれたが、スーパー業態、ドラッグストア業界がプラスに働いた。 中部経済産業局の管内(愛知、岐阜、三重、石川、富山の5県)商業動態統計のスーパーの直近までの売上数値(前年同月 […]

    詳細 >