東海・北陸・静岡流通特集

東海・北陸・静岡流通特集:有力卸の今期戦略=種清 3ヵ年中計再スタート

卸・商社 2020.09.24 12119号 09面
黒柳定之 常務取締役営業本部長

黒柳定之 常務取締役営業本部長

 ◇黒柳定之常務取締役営業本部長  ●意思決定の迅速化図る  種清の前年度(20年3月期)は第4次中期経営計画の初年度として、「新しい商流開拓により、顧客満足の最大化」「全社的なムダの排除による業務・コスト構造改革を実現」「経営基盤の強化と人柄を付加した企業活動を展開」を基本方針に進め、営業面では新規開拓や既存ルート拡大など、結果にもつながった。  しかし、大手流通再編の影響を大きく受け、種清単体の売上高は前年比2.9%減の680億円と減収減益の着地となった。  こういった大

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東海・北陸・静岡流通特集

    東海・北陸・静岡流通特集

    小売

     小売流通界は、コロナ禍において業態別に明暗が分かれたが、スーパー業態、ドラッグストア業界がプラスに働いた。 中部経済産業局の管内(愛知、岐阜、三重、石川、富山の5県)商業動態統計のスーパーの直近までの売上数値(前年同月 […]

    詳細 >