東海・北陸・静岡流通特集

東海・北陸・静岡流通特集:有力卸の今期戦略=カナカン 低温強化へ体制は万全

卸・商社 2020.09.24 12119号 09面
野村直紀 専務取締役営業本部長

野村直紀 専務取締役営業本部長

 ◇野村直紀専務取締役営業本部長  ●金沢低温センター稼働  カナカンの20年3月期決算は、前々年度の流通再編に伴う大きな帳合損失分が多少影響したが、新規開拓などが奏功し、売上高は前年比2.6%増の1646億6700万円と増収。利益面は人件費・物流費の高騰が大きく影響し、減益となった。  今期は第3次中期経営計画のスタートの年。引き続き「地域密着広域対応フルライン卸」としての機能に磨きをかけ、定量目標も売上げ、利益、経費の3項目の数値をより明確にして進めていく。  今年度のス

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東海・北陸・静岡流通特集

    東海・北陸・静岡流通特集

    小売

     小売流通界は、コロナ禍において業態別に明暗が分かれたが、スーパー業態、ドラッグストア業界がプラスに働いた。 中部経済産業局の管内(愛知、岐阜、三重、石川、富山の5県)商業動態統計のスーパーの直近までの売上数値(前年同月 […]

    詳細 >