食肉加工品特集

食肉加工品特集:スーパーバイヤーに聞く=フジ 弁当商材巻き返しを

乳肉・油脂 2021.05.19 12229号 09面

 ●ウインナー販売数量増
 フジの20年度実績は、食肉加工品は全体で上期前年比8.4%増、下期同8.8%増、通期同8.6%増と前年を上回っている。コロナ禍での家庭内消費が増加し、加工肉についても販売数量が大きく増加した1年となった。特にベーコン(パスタ麺需要に伴い)、生ハム(家のみ需要増)、ハンバーグ(外食自粛)、サラダチキン(健康志向の高まり)が伸長した。売上高の約45%を占めるウインナーもベースとなる購買量が増加し、売上げ増となっている。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 食肉加工品特集

    食肉加工品特集

    乳肉・油脂

     食肉加工品の20年商戦は、コロナ禍での内食需要増で即食・簡便ニーズに合致したハム・ソーセージ・ベーコン類や、ハンバーグ・惣菜類など調理加工品の定番商品が順調に売上げを伸ばしたが、外食向けを主体とした業務用商品が年間を通 […]

    詳細 >