日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

首都圏市販冷食連絡協議会、新体制でスタート 新会長に中村隆志氏

人事 2019.04.22 11867号 02面

(左から)新体制の中村隆志会長、齊藤顕範副会長、岡村智顧問

 関東圏の市販冷凍食品の主要卸・メーカーなどで組織する首都圏市販冷食連絡協議会(市冷協)は、4月から役員3役の会長・副会長・会計監事を交代し、新体制でスタートした。会長には高橋宏典氏(日本アクセス)に代わり、中村隆志氏(三菱食品低温事業本部商品オフィス室長)が、副会長には伊藤善之氏(三菱食品)に代わり、齊藤顕範氏(国分フードクリエイト首都圏支社長)が就任。会計監事は小玉康夫氏(日本アクセス東日本営業部門地区商品部長代行)。

 中村会長は16日の会見で、「市販冷食市場は18年10...続きを読む

冷凍・チルド

  • 人事

    (左から)新体制の中村隆志会長、齊藤顕範副会長、岡村智顧問

    首都圏市販冷食連絡協議会、新体制でスタート 新会長に中村隆志氏(2019.04.22)

     関東圏の市販冷凍食品の主要卸・メーカーなどで組織する首都圏市販冷食連絡協議会(市冷協)は、4月から役員3役の会長・副会長・会計監事を交代し、新体制でスタートした。会長には高橋宏典氏(日本アクセス)に代わり、中村隆志氏(三菱食品低温事…

  • ニュース

    イートアンド、「羽根つき焼き小籠包」が好調(2019.04.22)

     イートアンドは3月から販売開始した「大阪王将羽根つき焼き小籠包」=写真=の出荷実績が、目標の2.5倍と好調であることを発表した。

     同社は好調の背景について、「外食やイベントなどで『焼き小籠包』の人気が高まっている。この…

  • 統計・分析

    弁当作り、最短は群馬 コスパより時短重視 ニチレイフーズ調べ(2019.04.19)

     お弁当作りは“時短”重視--。冷食大手のニチレイフーズは4月10日の「お弁当始めの日」に合わせ、今年も全国47都道府県の弁当事情をアンケート調査した。それによると、弁当作りで「工夫していること」「重視すること」を聞くと、どちらも「短…

  • 統計・分析

    冷食「使わない」2割切る DgSで購入増加中 冷食協が利用実態調べ(2019.04.15)

     日本冷凍食品協会(冷食協)が2月23~24日に実施したインターネットによる「“冷凍食品の利用状況”実態調査」で、スクリーニング調査の結果から、冷食を「ほとんどまたはまったく使わない」女性は16年の21.3%から17.3%に、男性は同…

  • キャンペーン

    「大阪王将羽根つき餃子」キャンペーンパッケージ

    イートアンド、「大阪王将」創業50周年大感謝祭(2019.04.15)

     イートアンドは9月に創業50周年を迎える「大阪王将」の冷凍食品と常温調味料において、「おかげさまで創業50周年!大阪王将大感謝祭」を開催する。

     これは「大阪王将」商品(市販冷凍食品・生協冷凍食品・常温調味料)のバーコー…

  • インタビュー

    新トップ登場:ニチレイ・大櫛顕也社長 100年続く企業へ強固な収益基盤構築(2019.04.12)

     今期、営業利益300億円への到達を視野に入れるニチレイ。グループの冷凍食品(ニチレイフーズ)と低温物流(ニチレイロジグループ)の2大事業がここ数年、急速に成長して収益拡大をけん引してきた。ニチレイのかじ取り役を6年間務めた大谷邦夫社…

  • ニュース

    エア・ウォーター、「見方」を子会社化(2019.04.08)

     【関西】エア・ウォーターは、今後の成長の柱と位置付ける農業・食品関連事業に、北海道北広島市の調理冷凍食品メーカー「見方(みかた)」を加えた。ホテルやレストランをターゲットに高加工度の調理済み冷凍食品を製造・販売する見方をグループ化す…

  • ニュース

    大櫛顕也ニチレイ社長

    ニチレイグループの2新社長が抱負語る 総合力で新価値創出 持続可能な社会へ対応(2019.04.05)

     持ち株会社ニチレイの大櫛顕也社長と、加工食品を担うニチレイフーズの竹永雅彦社長。4月に就任したニチレイグループの新社長2人が2日、経営の方向性や抱負を語った。大櫛氏は各事業会社間のシナジーを重視し、グループの総合力を高めて新たな価値…

  • ニュース

    ヤヨイサンフーズ、Webサイトを刷新 より使いやすく安全に(2019.04.05)

     業務用冷食大手のヤヨイサンフーズは1日、同社Webサイトを刷新した。「よりお客さまが使いやすく、より当社をご理解いただける、安全が確保されたサイト」を目標に内容を見直し、新商品情報や会社情報など、知りたい情報がすぐに見つけられる設計…

  • ニュース

    テーブルマーク、「ごっつ旨い」記念日企画 芸人のカラオケ映像を配信(2019.04.05)

     冷食大手のテーブルマークは、スナック主力の「ごっつ旨い」シリーズ(お好み焼き・たこ焼き)にちなんだ「ごっつの日」(5月2日)制定記念として、4月からお笑い芸人の後藤輝基(フットボールアワー)を起用したオリジナルソング「GOT YOU…

  • ニュース

    ヤヨイサンフーズ、気仙沼工場建設へ 工事の安全を祈願(2019.04.03)

     ヤヨイサンフーズは3月28日、20年11月稼働予定の気仙沼工場(宮城県気仙沼市)の着工を前に、建設工事の安全祈願祭=写真=を行った。当日は大安吉日で、建設予定地である気仙沼市の赤岩港水産加工団地には同社経営陣はじめ宮城県・気仙沼市の…

  • 人事

    味の素冷凍食品、4月1日付人事異動(2019.04.03)

     4月1日付

     ▽執行役員マーケティング本部国内統括事業部(執行役員マーケティング本部国内統括事業部開発営業部長)伏見和孝▽マーケティング本部国内統括事業部開発営業部長(マーケティング本部西日本支社九州リテール営業部長)保…

  • キャンペーン

    日本水産、「春のコバラ祭」プレゼントキャンペーン実施(2019.04.03)

     日本水産は、「春のコバラ祭」プレゼントキャンペーン=写真=を実施している。対象商品は、「大きな大きな焼きおにぎり」「焼きおにぎり10個」「梅ひじきおにぎり」「枝豆こんぶおにぎり」。

     ▽おにぎりのお供賞(対象商品2点)=…

  • ニュース

    運行式であいさつする田口巧取締役

    ニチレイ、従業員デザインの新ラッピング車両 4交通機関で運行(2019.04.01)

     ニチレイのグループ従業員がデザインしたラッピング車両が、全国4ヵ所で順次、運行を始めている。同社は13年度からコーポレートブランド強化の一環で、営業支社や工場など事業所がある各地域の6公共交通機関へのラッピング広告を開始。5年後のデ…

  • キャンペーン

    日本水産、「大きな大きな焼きおにぎり」新CM放映(2019.04.01)

     日本水産は、家庭用冷凍食品「大きな大きな焼きおにぎり」の新TVCM「30年愛されるおいしさ」篇=写真=を3月30日から全国放映した。89年の発売から今年で30周年。CMでは30年間の焼きおにぎりのある食卓の歴史を、人気俳優のムロツヨ…

  • 統計・分析

    今月の注目商品:日本水産「今日のおかず レンジでつくる 回鍋肉」野菜の食感楽しめる(2019.04.01)

     ここ約1ヵ月前後に発売された(もしくは発売予定の)新製品のうち、商品コンセプト、商品特徴、切り口などが既存商品と比べ、ユニークなもの、全く新しいもの、注目されるものなどを絞りピックアップ。一般ニュースあるいは新製品ニュースで紹介され…

  • セミナー・催し物

    日本冷凍食品協会、HACCP制度化対応で講習会開催(2019.03.29)

     日本冷凍食品協会は、改正食品衛生法に伴うHACCP制度化への対応として、19年度から会員だけでなく非会員も対象とした「衛生管理計画作成講習会」を開催する。5月30~31日の大阪開催から、非会員の参加を受け付ける。今年度に計6回開催し…

  • ニュース

    ニチレイフーズ、米国に生産子会社 自社生産へ向け一歩(2019.03.27)

     冷食大手のニチレイフーズは成長分野と位置付ける米国の冷食事業で、自社生産の足掛かりとなる子会社を4月に設立する。持ち株会社ニチレイが19日発表した。設立するのは合同会社「Amy Food社」(ワシントン州)で、資本金は1740万ドル…

  • ニュース

    テーブルマーク、「ごっつ旨い」特設サイトを開設(2019.03.22)

     テーブルマークは15日、同社ホームページ上に「ごっつ旨い」シリーズの特設サイトをオープンした。家庭用冷凍お好み焼き・たこ焼きで構成する同シリーズは、今年で発売20周年を迎える。これを記念して5月2日を「ごっつの日」に制定。日本記念日…

  • 訃報

    高原博二氏(ニチレイ元常務取締役)15日死去(2019.03.20)

     高原博二氏(たかはら・ひろじ=ニチレイ元常務取締役)15日死去、80歳。葬儀は17日、告別式は18日に茨城県取手市の「セレモ取手駅ホール」で行った。喪主は妻の晶子(あきこ)さん。

  • ニュース

    佐藤誠社長

    昭和冷凍食品、今期売上高4%増目指す 昭和産業の冷食中核に(2019.03.18)

     昭和産業グループの粉関連業務用冷食メーカー、昭和冷凍食品の18年12月期の業績は、売上高28億円で前年比5%増、営業利益は前年並みで計画通りの着地だった。今期も原料高や労務費・物流費の上昇とコスト増が続くが、価格改定と自社生産品の販…

  • 人事

    ニチレイグループ各社、3~6月組織変更・人事異動(2019.03.18)

     3~6月付

     〈 〉内は継続職

     ニチレイ

     〈組織変更〉

     3月31日付

     ▽再編および新設に伴い、事業経営支援、財務IR部、広報部の3部を廃止する

     4月1…

  • ニュース

    川崎順司会長

    台湾凍菜で貿易懇談会 サヤインゲン輸出に意欲 容器・包装ポジリス対応を(2019.03.15)

     日本・台湾の「冷凍農産品貿易懇談会」が7日、千葉市幕張のホテルで開かれ、主力品の冷凍枝豆を中心に今後の課題や供給見通しなどを確認した。台湾側は今後、新たに冷凍サヤインゲンの輸出を推進していくと表明。日本側は20年6月からの容器・包装…

  • ニュース

    ニチレイ、健康経営の関連格付・認定を獲得(2019.03.15)

     健康経営の取組みを強化しているニチレイはこのほど、関連する格付・認定をそれぞれ獲得した。格付は日本政策投資銀行(DBJ)による「DBJ健康経営格付」。認定は経済産業省などによる「健康経営優良法人2019~ホワイト500」。ホワイト5…

  • ニュース

    昭和冷凍食品、業務用春夏新製品を発売 課題解決へ商品提供(2019.03.13)

     昭和産業の完全子会社の昭和冷凍食品は、19年春夏の業務用冷凍食品の新商品7品、リニューアル1品の合計8品を4月から発売する。飲食店や介護老人保健施設などの現場で、労働力不足が課題となっていることを踏まえ、新製品は顧客の課題解決に向け…

  • 新設・移転

    日本水産グループ、大明食品工業の台湾新工場が稼働 冷凍枝豆の生産力増強(2019.03.08)

     日本水産のグループ企業で、ニッスイブランドの冷凍枝豆を生産する大明食品工業(蔡敬虔董事長、台湾高雄市)の第二工場(写真)が1月から本格稼働した。既存第一工場の老朽化に伴い新設し、生産能力の増強と安全性や衛生管理の高度化を図った。最大…

  • 人事

    ヤヨイサンフーズ、4月1日付組織変更・人事異動(2019.03.08)

     4月1日付

     〈組織変更〉

     ▽営業本部配下の外食営業部を「広域営業部」に名称変更する

     ▽営業本部配下の開発営業部を、外食営業部から名称変更した「広域営業部」に編入することで廃止とする

    <…
  • ニュース

    ジェーシー・コムサ、ハウス食品とコラボでナン商品を共同開発 ピザ新3品提案も(2019.03.08)

     ピザメーカーの草分け、ジェーシー・コムサは19年春・夏の新商品として市販ブランド「デルソーレ」にチルドピザなど4品を品揃えし、1日から発売した。うち1品はハウス食品とのコラボ品、他3品はピザの新提案。

     ハウス食品とコラ…

  • ニュース

    帝国ホテルキッチン、伝統の味再現3品発売 調理冷食シリーズも刷新(2019.03.06)

     ホテルブランドの3温度帯プレミアム調理食品を展開する帝国ホテルキッチンは、19年春季の新商品3品とリニューアル2品を4~5月にかけて発売する。ハイエンドの帝国ホテルブランドから、ホテル伝統の味を再現した新3品を提案。また今後、販売の…

  • 展示会

    福本雅志取締役常務

    ニチレイフーズ業務用事業部、8都市でフェスタ開催 3つの変化発信(2019.03.01)

     冷食大手ニチレイフーズの業務用事業部は1月中旬から2月下旬にかけて、全国8都市で「NICHIREI FOODS Festa for Professional 2019」と題した商品提案会を順次開催した。北海道から九州まで8ブロック別…

新製品 冷凍・チルド